プロ野球亭日乗BACK NUMBER

「巨人びいき」批判があふれた亀井善行のWBC選出、原監督が明かしていた“本当の理由”「イチローに何かあった場合…」――2021 BEST5

posted2022/01/02 06:00

 
「巨人びいき」批判があふれた亀井善行のWBC選出、原監督が明かしていた“本当の理由”「イチローに何かあった場合…」――2021 BEST5<Number Web> photograph by JIJI PRESS

10月21日に引退記者会見に臨んだ巨人・亀井善行。時折、笑顔も見せた

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

JIJI PRESS

2021年、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。プロ野球部門の第5位は、こちら!(初公開日 2021年10月23日/肩書などはすべて当時)。

「もっといい選手がいるだろう」

「原の巨人選手びいきで日本代表を選ぶな」

「なんで亀井が選ばれているんだ」

 こんな言葉はまだまだ生やさしいものだった。ネットには誹謗中傷する言葉が並び、今ならAIチェックでヤフーのコメント欄が閉鎖に追い込まれてしまっていたかもしれないような、罵詈雑言が溢れていた。

 2009年の第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表メンバーが発表されると、ニュースサイトのコメント欄にはもちろん連覇を期待する応援コメントが溢れたが、その一方で巨人・亀井善行外野手の代表入りを批判する口汚い言葉がこれでもかというほど書き込まれた。

亀井「実績のない自分が行くのは辛かったです」

「正直、いまだから言えますけど選ばれたくなかった」

 10月21日。今季限りでの現役引退を発表した亀井は、引退発表の記者会見であのWBCのことを聞かれると、こう振り返ったという。

「実績もないですし、実績のない自分が行くのは辛かったですし、他にも実績のある人が落選しているのを見て辛い思いをしました」

 当時の亀井はプロ5年目。巨人でもレギュラーポジションを確保していたわけではなく、大会前年の2008年の年間成績は96試合の出場で打率2割6分8厘、本塁打5本の23打点と、まさに控え選手の数字でしかなかった。

 一方、他チームの外野手に目を向ければ打率3割2分2厘でパ・リーグの首位打者に輝いたことのある当時中日の和田一浩外野手、シーズン40本塁打の記録を持つ阪神の金本知憲外野手や05年に打率3割2分4厘を残していた横浜の金城龍彦外野手や阪神のスピードスター・赤星憲広外野手など数字的には亀井を上回る選手が大勢いたのも確かだった。

 ただこのときの日本代表を率いた巨人・原辰徳監督にとっては、熟慮に熟慮を重ねた結果、亀井でなければならない理由があったのである。

【次ページ】 亀井でなければならなかった理由とは?

1 2 3 4 NEXT
亀井善行
読売ジャイアンツ
原辰徳
イチロー

プロ野球の前後の記事

ページトップ