Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[元メジャーリーガーの勝負目線解説(1)]岡島秀樹「進化した変化球と異質の発想力」

posted2021/11/18 07:00

 
[元メジャーリーガーの勝負目線解説(1)]岡島秀樹「進化した変化球と異質の発想力」<Number Web> photograph by Getty Images

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Getty Images

日本人投手として初めてワールドシリーズで登板。世界一を知る名左腕を驚嘆させたのは、斬新な「リアリスト」としての投手・大谷だった――。

 大谷君の投球、オールスター前後で変わりましたよね。

 開幕から6月くらいまでは、とにかく三振を狙いに行っていたので、制球が定まらない試合もあったわけです。ゲームを作るという意味では不安定だったわけで、自分が早めに降板すると打席にも立てないから、そうするとつまらないと気づいたんじゃないですかね(笑)。

 後半戦の安定をもたらしたのは、変化球の質の向上でしょう。もともとスプリットはキレがあって、三振を狙える球でした。問題はカウントをどう整えるかということで、ここで柱となったのはスライダーとカットファストボール(カッター)です。

 大谷君のスライダーはキレが良いので、抜けてしまうことも珍しくないんです。そうなると、カウントを整える球種にはなりにくいし、捕手もサインを出しづらくなります。私が注目したのは、6月17日のタイガース戦です。ここからスライダーの質が変わったんです。

 この日は、それまで柱となっていたスプリットの精度が低く、カウントを稼ぐ球としては使いづらかった。一方でどういう理由かは分かりませんが、それまで抜けがちだったスライダーの曲がりが良くなり、質が向上していました。右打者の外角へと逃げていく球、そして左打者の外角への「バックドア」と呼ばれる、外から内に切れ込んでくるスライダーともに捕手のミットにすべて収まっていく感じで、両サイドの制球が完璧と言っていいほどでした。これでスプリットを見せ球にして、スライダーで勝負するパターンを確立したと見ます。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1883文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

大谷翔平
ロサンゼルス・エンゼルス
岡島秀樹

MLBの前後の記事

ページトップ