第98回箱根駅伝(2022)BACK NUMBER

「抜け道、近道もある」。〈第1回箱根駅伝〉はどんな大会だったのか。【スタートは2月14日、午後1時】 

text by

清水岳志

清水岳志Takeshi Shimizu

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2021/11/25 11:00

「抜け道、近道もある」。〈第1回箱根駅伝〉はどんな大会だったのか。【スタートは2月14日、午後1時】<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

前回大会のスタートの様子。第31回大会(1955年)から現在の1月2日スタートとなった

早大の7区は後の農林大臣・河野一郎

 復路、15日の朝は10センチ以上の雪が積もっていた。気温は零下4度。7時に明大がスタート。遅れること8分27秒、2位・東京高師がスタートした。慶大は本来、8時22分55秒のスタートだが、雪が激しく降るので協議の結果、30分の繰り上げスタートになっている。

 前出の沢田の寄稿によると6区の選手たちも近道を模索していたが、降り積もった雪で「近道すれば足跡でバレるというのでこんどもまたどこの選手も正規のコースからはずれなかったのだから愉快である」とのことだ。

 早大は復路に有力選手を置いていた。7区は河野一郎、後の農林大臣などを務めた国会議員で、日本陸上競技連盟の第3代会長だ。弟・謙三も代議士で、同じく箱根駅伝を走った。謙三によると「兄は5回出場しているが平塚と小田原の間しか走らなかった。選挙区を意識して走ったと言われたが、山上りをするほど強くなかったのだ」と回想している。

 早大9区は麻生武治。前年の日本選手権1500mで優勝し、この第1回大会でも区間トップで明大、東京高師との差を約7分詰めた。『箱根駅伝70年史』に寄稿した文章の中で「8区の高木は雪が降るので角帽をかぶりマスクをしていて、ブレーキになった」とユニークな裏話を書いている。

第1回出場者から3人が五輪に出場

 そして10区、明大アンカーの西岡吉平が鶴見中継所を出たのが午後12時54分。この時点で東京高師との差は約11分30秒あった。

 しかし、東京高師アンカーの茂木が大きなストライドで追いかけ、ついに午後2時32分、新橋の橋の上で明大に並んだ。尾張町(現在の銀座5丁目、6丁目)に入るまで並走し、左折すると茂木が西岡を突き放した。フィニッシュ地点では25秒差をつけて、午後2時34分40秒、東京高師の総合優勝の瞬間がおとずれる。

 茂木がかけていた黄色のたすきは雪に濡れ、背中には足袋の泥はねが上がっていた。

 一方の明大・西岡は、尾張町から泣きながら走っていた。フィニッシュ後は、「申し訳ない」と繰り返すばかりだった。

 そもそも箱根駅伝はストックホルム五輪(1912年)のマラソンに出場した金栗が、途中棄権の憂き目に遭い、帰国後、「オリンピックで通用するランナーを育成するには、しかも一度にたくさんの選手を作るにはどうしたらよいか」と考えた末、駅伝競走が最適だとの結論に達して発端となった。

 その金栗の願いは叶う。第1回箱根駅伝を走った40人の中から、東京高師の大浦留市と茂木、早大・三浦弥平の3選手が、その年8月の第7回アントワープ五輪に出場したのだ。

 銀座通りから品川へ向かうコースは、松並木の隙間から海が見えた。そんな時代の話だ。雪の箱根山は足跡がつくから、抜け駆けができなかった。そう、道は人が走ったところにできる。箱根駅伝は、これまで97回もの「継走」により繋がってきた。第98回大会、その先の第100回大会も、すぐそこまで来ている。

~主催者からのお願い~

今大会は新型コロナウイルス感染症感染拡大防止の観点から、主催者として次の対応を行います。皆さまを、選手を、箱根駅伝を守るために、ラジオ、テレビ等の媒体を通じて応援をお願いいたします。

・出場チーム、運営スタッフを含む大会関係者は、大会前2週間の体調、体温を記録し、異常がないことを確認した上で大会に参加します。

・出場チームの大学関係者や応援団、OB・OG、保護者による来場および沿道での応援行為については強く自粛を求めます。

・地域の皆さまには、応援のための外出をお控えいただき、特に沿道やスタート/フィニッシュ地点、中継所などでの観戦や応援行為はご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

その他の対応はこちらをご覧ください。

ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

関連記事

BACK 1 2 3

ページトップ