Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[鬼コーチ対談]エディー・ジョーンズ×トム・ホーバス「日本人よ、“悪魔”を解き放て!」

posted2021/10/24 07:00

 
[鬼コーチ対談]エディー・ジョーンズ×トム・ホーバス「日本人よ、“悪魔”を解き放て!」<Number Web> photograph by Takeo Chikatsu(illustration)

左からトム・ホーバス、エディー・ジョーンズ

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Takeo Chikatsu(illustration)

日本のラグビーとバスケットボールの歴史において不滅の金字塔を打ち立てた、2人の名将の豪華対談が実現。彼らの信念と知識と経験に基づく言葉のやり取りには、日本のスポーツがより高みへと進むための学びがあった。

エディー・ジョーンズ(EJ) 今日はお話しできるのを楽しみにしていました。オリンピックでの成功、おめでとうございます。フィジカルで劣る日本が、あれだけの戦いを見せたことは本当にファンタスティックでした。それに、男子代表ヘッドコーチの就任が決まったそうですね。

トム・ホーバス(TH) そうなんです。私はチャレンジが好きなんです。「男子をコーチした経験がないじゃないか」という声も聞こえてきますが、そんなの関係ない(笑)。バスケットボールはバスケットボールであり、コーチングとは人間との関係性を築くことに変わりはありませんから。

EJ その通りですね。競技は変わらないし、人間を成長させるプロセスも変わりませんから。

――どうやらこの対談に、司会は必要なさそうですね。

EJ まあ、そう言わずに(笑)。いろいろ調べてみると、トムが選手たちに「信念」を植えつけていたことが分かってきました。なぜ、日本があれだけの結果を残せたのか、トムの哲学を一刻も早く聞きたくて。

TH 高さとフィジカルで劣る日本が勝つにはどうすればいいのか? どの国よりも準備をし、どの国よりも練習をする。これに尽きます。2015年のW杯で南アフリカを倒したエディーさんも同じ考えではないですか?

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 6314文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

エディー・ジョーンズ
トム・ホーバス
東京五輪
オリンピック・パラリンピック
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後の記事

ページトップ