Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[親子クロスインタビュー]伊藤大海「たこつぼ漁師のミットめがけて」

posted2021/10/23 07:00

 
[親子クロスインタビュー]伊藤大海「たこつぼ漁師のミットめがけて」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

新人離れしたマウンドさばきと多彩な変化球を武器に日本ハム投手陣の柱となり、東京五輪金メダル獲得にも貢献した。その勝負度胸はいかにして育まれたのか。海風吹く故郷・鹿部町で聞いた両親の記憶を連れて、札幌ドームへ向かった。

 ただでは終わらぬ日韓戦。“事件”は東京五輪準決勝、2対2の同点で迎えた7回表2死走者なしの場面で起きる。

 韓国の打者が球審に注文をつけ、試合が中断。日本の3番手、伊藤大海が滑り止めのロジンをつけすぎ、ボールが見づらいと言い出した。ロジンをつけることはルール上認められており、言いがかりに近い。

 だが渦中の伊藤は平然としたもので、ゲームが再開されると「それならこっちも遠慮なく」とばかりこってりとロジンをつけ、再開後の一球を投じる。リリースの瞬間、いつもよりたくさんの白い粉が舞った。

 伊藤は韓国を抑え込み、そして8回裏、山田哲人の殊勲打が飛び出す。3日後、侍たちの胸に金メダルが輝いていた。

“#追いロジン”でネットのトレンドとなった再開直後の一球を、中断中から予感した人がいる。伊藤清光さんと正美さん。そう、伊藤の両親である。

「あのときは、つけると思ったよね」と父が言えば、母も「つけると思ったときには、あの子、もうロジン触ってた」と苦笑する。なぜ、わかるんですか? とたずねると、

母「そういう性格なんです。やめろと言われたら、逆にやろうとするところがあって」

父「だから俺はね、ロジンもだけど、次の一球を厳しいコースに投げるんじゃないかと思ったんだよね」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3615文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

伊藤大海
北海道日本ハムファイターズ
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

プロ野球の前後の記事

ページトップ