Sports Graphic NumberBACK NUMBER

ラミレス監督はなぜ不振の桑原を使い続けたのか。ホークスとの激闘の舞台裏を明かす。【SMBC日本シリーズ】 

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2021/11/11 11:00

ラミレス監督はなぜ不振の桑原を使い続けたのか。ホークスとの激闘の舞台裏を明かす。【SMBC日本シリーズ】<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

アレックス・ラミレスは2017年、横浜DeNAベイスターズの監督としてSMBC日本シリーズで指揮を執った

8回大ピンチで柳田を迎えたところで山﨑を投入

 続く第5戦はシーソーゲームになった。追いつ追われつ、6回に逆転したベイスターズは、8回2アウトからストッパーの山﨑康晃を投入した。一、二塁で強打者、柳田悠岐を迎えるという状況になった。リードはわずかに1点。本拠地・横浜スタジアムには1球ごとに悲鳴とため息が交錯した。

 誰もが祈るように見つめる中、ラミレスは確信を秘めた表情を崩さなかった。身じろぎひとつせず、ベンチに立っていた。

「あえてポーカーフェイスをつくっているわけではなく、この選手でいけば70%、80%は大丈夫だろうというデータがある。普段と違う状況でマウンドに送りましたけど、ヤス(山﨑)はパニックになるような性格でもない。ピンチになっても大丈夫だろうと、彼を信じて決断したんです」

 ベイスターズの守護神はその信頼に応えた。逃げ切って、シリーズの戦績を2勝3敗とした。崖っぷちからの逆襲だった。ホークスの圧勝を予想する声は吹き飛び、誰もベイスターズの力を疑う者はいなくなった。

 ラミレスの自信が、観衆にもナインにも、そして世間にも伝播していくようだった。

 第5戦を戦い終えた翌日、第6、7戦が開催される福岡へと移動したベイスターズは福岡ヤフオクドームで練習を行った。そのとき、ラミレスはひとりの男に目を留めた。シリーズの行方を左右する第6戦に向けて、新たな確信を得た瞬間だった。

<後編>「監督を辞めた今も」2017年、わずかな差でホークスに敗れ、ラミレスの胸に残ったもの。【SMBC日本シリーズ】

SMBC日本シリーズが今年もやってくる。

SMBCが冠スポンサーとなって8度目となる、日本プロ野球最高峰の戦いが今年も11月20日から繰り広げられます。

セ・リーグ王者とパ・リーグ王者による死闘は果たして、どんなドラマを生むのでしょうか。

BACK 1 2 3

ページトップ