Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[薄命の快足牝馬]アストンマーチャン&中舘英二「墓前に伝えた万感の思い」

posted2021/10/08 07:00

 
[薄命の快足牝馬]アストンマーチャン&中舘英二「墓前に伝えた万感の思い」<Number Web> photograph by Photostud

父アドマイヤコジーン、母ラスリングカプス。栗東・石坂正厩舎。2006年にデビュー。GIII小倉2歳Sを皮切りに、ファンタジーS、'07年フィリーズレビューと重賞制覇。'07年スプリンターズS制覇。4歳の'08年3月にX大腸炎を発症し、4月21日急性心不全で没。通算11戦5勝

text by

田井秀一(スポーツニッポン)

田井秀一(スポーツニッポン)Shuichi Tai

PROFILE

photograph by

Photostud

大きな瞳に、鼻先へスラリと伸びた大流星。泥んこ馬場の中山を、快足を飛ばし逃げ切った。異次元の走力と、スタートの天才の運命の出会い。あの秋の日の一瞬の煌めき。忘れ得ぬ想いは今も。

 わずか4年余りの馬生を全力で駆け抜けた快足牝馬アストンマーチャン。騎手・中舘英二にとっては13年ぶり、そして最後のGI勝利の相棒となった。

「勝負根性の塊のようなサラブレッドでした。騎手の楽しさ、喜びを再確認させてくれた。感謝しかありません」

 2007年。運命の出会いは一本の電話から始まった。「調教に乗りに来てくれるか」。アストンマーチャンを管理する石坂正調教師から中舘に連絡が入ったのは、GIスプリンターズSの約1カ月前のことだった。

 同年の桜花賞では同期の名牝ウオッカ、ダイワスカーレットと3強を形成。秋に向けてスプリント路線に転向した矢先、これまでコンビを組んできた騎手が騎乗できないことになった。ローカルで実績を積み上げ、石坂厩舎の馬を何度も勝たせてきた42歳のベテランに白羽の矢が立った。

 中舘は1週前追い切りのため、栗東トレセンに駆けつけた。若手時代に訪れたことはあったが、関西馬の調教騎乗のための栗東入りは初めてだった。

「それまでレースをはたから見て“引っかかる馬だな”と他人事のように思っていました。正直、乗りたくなかったですね(笑)。内心ドキドキしながら坂路を1本駆け上がったら、これまで感じたことのないスピード感でした。凄い馬だな、と」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1725文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

アストンマーチャン
中舘英二
石坂正

競馬の前後の記事

ページトップ