Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[名キッカーに聞く]中村俊輔「セットプレーで1点、の重さ」

posted2021/09/25 07:01

 
[名キッカーに聞く]中村俊輔「セットプレーで1点、の重さ」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

観客6万人を動員した、南アW杯アジア最終予選カタール戦にて。2009年6月10日、日産スタジアム

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

イタリア、ドイツ、デンマークなど世界のサッカーシーンでは、セットプレー専門コーチを招聘するのがトレンドになっている。日本もセットプレーが強化のポイントであるのは間違いない。今もなお、海外メディアやファン投票の「歴代フリーキッカーランキング」で上位に入る、ナカムラ。日本人で最も優れたフリーキッカーと言える彼に、現代サッカーにおけるセットプレーの位置づけ、自身のこだわり、日本代表とセットプレーの未来、この3つについて聞いた。

 セットプレーはかつて日本の大いなる「武器」であった。

 ライバル韓国からゴールを奪った木村和司の伝説のFK、南アフリカW杯デンマーク戦での本田圭佑、遠藤保仁“ダブルFK弾”、ロシアW杯コロンビア戦ではCKからの大迫勇也の決勝ヘッド……。

 良質なキッカーとチームメイトとの連係。日本代表で長年「10番」を背負い、それを成熟させた功労者が中村俊輔である。

 だが時代は変わり、「崩し」「流れ」からのゴールにこだわりを向ける一方でFKやCKなどセットプレーは以前ほど重視されていないように映る。A代表ではキッカーが流動的で、U-24代表が臨んだ先の東京五輪ではFK、CKからの得点がゼロに終わった。この現状を彼は一体どのように見つめているのか――。

 確かに現代サッカーではセットプレーを重んじる流れじゃないのかもしれない。世界的な傾向から、日本もその影響を受けてきていると捉えることができる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 5016文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

中村俊輔

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ