甲子園の風BACK NUMBER

星野仙一「あいつは、ええ指導者に」 野村克也も認めた「野球頭脳」…中谷仁監督42歳に“新世代の名将”感〈智弁和歌山〉――2021上半期 BEST5

posted2021/09/26 17:00

 
星野仙一「あいつは、ええ指導者に」 野村克也も認めた「野球頭脳」…中谷仁監督42歳に“新世代の名将”感〈智弁和歌山〉――2021上半期 BEST5<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama(Center),Sports Graphic Number

楽天時代には星野仙一、野村克也という2人の名将から評価された中谷仁監督。母校・智弁和歌山で、その才覚が花開こうとしている

text by

間淳

間淳Jun Aida

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama(Center),Sports Graphic Number

2021年上半期(3月~8月)、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。甲子園2021部門の第2位は、こちら!(初公開日 2021年8月28日/肩書などはすべて当時)。

 星野仙一さんは天国で、先見の明を自画自賛しているだろうか。智弁和歌山が決勝進出を決め、闘将の言葉を思い出す。

「見てみい、俺みたいに男前じゃないが、ええ顔しとるやろ。あいつは、ええ指導者になる。年より老けて見えるのは、それだけ財産になる貴重な経験をしとるからや」

「あいつ」とは、智弁和歌山を指揮する42歳の中谷仁監督だ。夏の甲子園で智弁和歌山の主将として優勝した中谷監督は、ドラフト1位で阪神に入団。2005年オフに楽天へ移籍し、2011年は星野仙一監督の下でプレーした。

「あいつは“打たれたら捕手の責任”という覚悟が」

 中谷監督はプロで成功したとは言えなかった。

 通算111試合で、打率.162、4本塁打。2011年も出場は11試合にとどまった。ひと昔前の捕手は、守備力があれば出場機会があった。しかし、「打てる捕手」が主流となり、星野監督も捕手に打力を求めた。指揮官が「昭和の時代だったら、もっとマスクをかぶっていた」と捕手・中谷を評価した理由は、人間力と洞察力だった。

「あいつは上辺だけの言葉じゃなくて、『打たれたら捕手の責任』という覚悟がある。それから、年下の投手への声のかけ方とタイミング。投手陣の頭や心の中を日ごろから考えているから、優しく伝えて投手を気分よくする時と、厳しく伝えて喝を入れる時の判断が絶妙。それができるから、投手と信頼関係が築ける」

 自分のことへの優先順位は高くない。覚悟を持って投手やチームに尽くした姿に、星野監督は指導者の資質を感じていた。険しい顔も笑顔も、どちらも「ええ顔」と話した。顔には、人間性や人生が刻まれる。

【次ページ】 「監督というより、口うるさい主将」

1 2 3 NEXT
智弁和歌山高校
渡部海
中谷仁
東北楽天ゴールデンイーグルス
星野仙一
野村克也

高校野球の前後の記事

ページトップ