濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

「はっきり言って、初代タイガーマスクのクローン」 《タイガー・クイーン》衝撃デビューに佐山聡も「思った以上の合格点」――2021上半期 BEST5

posted2021/09/23 06:00

 
「はっきり言って、初代タイガーマスクのクローン」 《タイガー・クイーン》衝撃デビューに佐山聡も「思った以上の合格点」――2021上半期 BEST5<Number Web> photograph by Norihiro Hashimoto

7月29日、後楽園ホールでデビュー戦に見事勝利したタイガー・クイーン

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph by

Norihiro Hashimoto

2021年上半期(3月~8月)、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。ボクシング・格闘技部門の第5位は、こちら!(初公開日 2021年8月9日/肩書などはすべて当時)。

 “虎伝説”は令和の今も続く。

 1981年、新日本プロレスのリングでデビューした初代タイガーマスク。華麗な“四次元殺法”で全国に大ブームを巻き起こした。当時の新日本プロレスは毎週金曜の夜8時から中継番組が放送されていたから反響も大きい。少しばかり派手に言うなら、当時の小学生男子は全員、夢中になった(1972年生まれの筆者もその1人だ)。

 その後、タイガーマスクの“正体”だった佐山聡はUWFに参戦。また新格闘技・修斗を創始する。2代目、3代目、4代目、近年では新作アニメと連動したタイガーマスクWも登場するなど“伝説”が受け継がれている。佐山も“初代タイガーマスク”としてたびたびリングに上がり、プロレス界に関わってきた。

佐山聡が育てあげた“女性版タイガーマスク”

 そして今度は“女性版タイガーマスク”の登場だ。その名もタイガー・クイーン。舞台は初代タイガー率いる『ストロングスタイルプロレス』である。そう、この新たなタイガーマスクは佐山聡が直々に手がける選手なのだ。もう1人のコーチは女子プロレス界のレジェンド、ジャガー横田。それだけで期待感が高まるし「昔はプロレス見てたけどね」というアラフィフ以上の世代=現在のコアなファン層以外への訴求力が生まれる。

 7月29日の後楽園ホール、初代タイガーマスク40周年記念大会でのデビュー戦に向けた記者会見では、佐山がタイガー・クイーンのポテンシャルを絶賛している。

「彼女を見た瞬間に、40年前を再現できると確信しました。ぜひ期待して、40年前を思い起こしてください」

 ジャガー横田は「はっきり言って、初代タイガーのクローン」とまで。しかも試合は大会のメインイベントに組まれた。ちなみに会見に出席したクイーンはコメントなし。あくまで“正体不明のマスクマン”だから声も出さない。日本語を話すかどうかも分からない。

【次ページ】 タイガーステップにローリングソバット…まさに“完コピ”

1 2 3 4 NEXT
タイガー・クイーン
タイガーマスク
ジャガー横田
佐山聡
ストロングスタイルプロレス

プロレスの前後の記事

ページトップ