将棋PRESSBACK NUMBER

羽生善治「公式戦でこんなに早く…」15歳時の藤井聡太への印象と、通算タイトル99期までの“貴重な瞬間”とは――2021上半期 BEST3

posted2021/09/20 17:00

 
羽生善治「公式戦でこんなに早く…」15歳時の藤井聡太への印象と、通算タイトル99期までの“貴重な瞬間”とは――2021上半期 BEST3<Number Web> photograph by 日本将棋連盟

今年の王位戦挑戦者決定戦で豊島将之竜王(右)と対局した羽生善治九段。今もなお棋界のトップオブトップの舞台で戦う

text by

田丸昇

田丸昇Noboru Tamaru

PROFILE

photograph by

日本将棋連盟

2021年上半期(3月~8月)、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト3を発表します。将棋部門の第1位は、こちら!(初公開日 2021年6月27日/肩書などはすべて当時)。

 2017年12月。羽生善治棋聖は竜王戦で渡辺明竜王を4勝1敗で破って竜王を獲得し、「永世竜王」の称号を取得した。

 羽生は、すでに取得していた名人・王将・棋聖・王位・王座・棋王の「永世称号」(取得規定は連続5期、通算7期など、棋戦ごとに違う)と合わせて、前人未到の「永世七冠」を達成した。

 政府は2018年1月上旬、羽生の偉業を顕彰して「国民栄誉賞」を授与することを正式決定した。また、羽生のタイトル獲得は通算99期を数え、大記録の100期まで、あと1期と迫っていた。

竜王の就位式で当時四段の藤井聡太と

 2018年1月中旬。羽生竜王の就位式が都内ホテルで盛大に開催された。

 写真は、就位式の前に行われた羽生と藤井聡太四段の共同記者会見で、両者が握手した光景。藤井は初参加した竜王戦の6組ランキング戦優勝者として出席した。

 羽生と藤井は、同年2月中旬に朝日杯将棋オープン戦の準決勝で対戦することが決まっていて、所感を次のように語った。

 羽生「公式戦でこんなに早く対局が実現することに、少し驚いています。今期の朝日杯で並みいる強豪を打ち破ってきた(8連勝)藤井さんは、手ごわい存在だと思っています」

 藤井「私が将棋を始めるずっと前から第一線で活躍されてきた、憧れの存在だった羽生先生と公式戦で対局できるのを、とても楽しみにしています。熱戦になるように頑張りたい」

【次ページ】 緊張した藤井くん、羽生さんは心配そうに…

1 2 3 4 NEXT
羽生善治
大山康晴
藤井聡太
森内俊之
渡辺明

ゲームの前後の記事

ページトップ