テニスPRESSBACK NUMBER

3カ国語で答えるフェデラー、言い返すシャラポワ…大坂なおみが拒否した「記者会見」では何が起きているのか?――2021上半期 BEST3

posted2021/09/18 11:01

 
3カ国語で答えるフェデラー、言い返すシャラポワ…大坂なおみが拒否した「記者会見」では何が起きているのか?――2021上半期 BEST3<Number Web> photograph by AFLO

大坂なおみが拒否したことで注目された“記者会見”。これまで選手と記者はどんなやり取りをしてきたのか?

text by

内田暁

内田暁Akatsuki Uchida

PROFILE

photograph by

AFLO

2021年上半期(3月~8月)、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト3を発表します。テニス部門の第2位は、こちら!(初公開日 2021年6月10日/肩書などはすべて当時)。

「ロジャー・フェデラーは、〇時△分にメインインタビュールームで会見を行います」

「ノバク・ジョコビッチが第一会見室に向かっています」

 テニスの大会のプレスルームには、そのようなアナウンスがひっきりなしに流れてくる。人気選手の会見ともなれば、早めに行かないと席が埋まってしまう。負ければその足でコートから会見室に直行する選手もいるので、記者席からインタビュールームまで、我先にと競うように走ることもある。

 コロナ禍により会見もリモートが主流になった現在だが、かつてはそれが、プレスルームで見慣れた光景だった。

テニスの記者会見はどう行われているか?

 大坂なおみが、全仏オープンで「記者会見は行わない」と宣言したことにより、グランドスラム・ルールブックに明記されている「メディアから要望がある場合、選手は試合直後、もしくは30分以内に会見を行なわなくてはいけない」の文言は、多くの人が知るところとなった。

 だが実際には、30分以内に会見が行なわれる方がレアケース。多くの場合、選手はクールダウンやシャワーを終えてから会見場に現れるため、おおよそ1時間後が一般的だ。マッサージや治療が必要な選手はもっと遅れることもあり、そのあたりは臨機応変である。

 会見そのものの時間は、通常10~15分ほど。どの国の選手もまずは英語、続いて母国語で行われる。それらの時間配分等の判断は、基本的には司会者の仕事。参加者の数や顔ぶれを見ながら、「質問がある人は挙手し、指名されたら発言すること」「質問は一人ひとつまで」などと決めるのも、司会者の裁量だ。

 ただときには選手の方が、柔軟に対応することもある。会見慣れしているラファエル・ナダルや錦織圭は、司会者が「時間切れだから」と遮った質問に対しても、寛大に答えることは珍しくはない。マリア・シャラポワなどは、「あの人はさっきから手を挙げているのに、指名されずに気の毒よ」と司会者に諭したこともあった。

3か国語で取材対応をするフェデラーは…

 試合を終えるたびに、英語、スイスドイツ語、さらにはフランス語でも会見をすることがあるロジャー・フェデラーは、最も長い時間を会見室で過ごしてきたテニス選手だろう。それは彼が、テニスやスポーツ報道の重要性を、誰より理解しているからかもしれない。全豪オープンのオンコートインタビューで、彼は次のように語ったことがある。

【次ページ】 記者たちの厳しい意見に晒されることも…

1 2 3 4 5 NEXT
大坂なおみ
ロジャー・フェデラー
ラファエル・ナダル
ノバク・ジョコビッチ
マルチナ・ヒンギス
ジョアンナ・コンタ
マリア・シャラポワ
アンディ・マリー
錦織圭

テニスの前後の記事

ページトップ