オリンピックへの道BACK NUMBER

「野獣」と呼ばれた松本薫はなぜ“名解説者”になったのか 「ほんとうの天然だったら、オリンピックチャンピオンになれないです」――2021上半期 BEST5

posted2021/09/21 06:00

 
「野獣」と呼ばれた松本薫はなぜ“名解説者”になったのか 「ほんとうの天然だったら、オリンピックチャンピオンになれないです」――2021上半期 BEST5<Number Web> photograph by JMPA

ロンドン五輪の金に続きリオ五輪でも銅メダルを獲得した松本薫。今大会では解説者としての活躍が大きく注目された

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

JMPA

2021年上半期(3月~8月)、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。東京五輪部門の第5位は、こちら!(初公開日 2021年8月3日/肩書などはすべて当時)。

 オリンピックは、実施されている競技にとって、大きな場だ。4年に一度の舞台に懸ける選手たちにとっては当然のことながら、競技そのものの今後にも影響を及ぼす。ふだんはあまり関心が集まらなくても、オリンピックは目を惹きつける機会になり、そこで競技の認知や関心を高めることが、競技の発展にも寄与する可能性がある。

 試合の実況、あるいは試合を終えたあとのスタジオでの解説者もまた、大きな役割を担っている。解説者の解説で、競技の理解が深まったり、関心を持つ人が増えたりすることは多い。例えば2006年のトリノ五輪でカーリングが大きな関心を集めた要因の1つに、解説者の的確な分析や展開の説明、加えてテンポや熱のこもった語り口があった。

 今大会でも、解説者の存在がクローズアップされ、そこで競技に関心を抱くケースが少なくない。

 柔道では、松本薫の解説の様子が注目を集め、それをきっかけに柔道を観た人がいることも伝えられている。

「野獣」を想起させた現役時代

 2012年ロンドン五輪女子57kg級で金メダル、2016年リオデジャネイロ五輪では銅メダルを獲得。結婚、出産を経て東京五輪出場を目指し競技を再開したが、2019年2月に引退を正式に発表。今大会は解説者として、大会にあたっている。

 柔道関係者が「ポイントはおさえている」と話すように競技の土台があって、その上に選手へのインタビュー模様、選手の心情に重ねた言葉が合わさって話題となっている。

 そうした状況を伝え聞くにつれ、いくつか思い起こすこともあった。

 現役時代、松本は「野獣」という形容がしばしばなされた。試合での眼差しを含め全身で表現する激しい闘志、試合の中での気迫が「野獣」を想起させた。

 また、ときに「天然」とも言われた。質問に対する思いがけない答えや内容がそう思わせた。

【次ページ】 「天然だったら五輪チャンピオンになれない」

1 2 3 NEXT
松本薫
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後の記事

ページトップ