テニスPRESSBACK NUMBER

馴れ初めはシドニー五輪…40歳フェデラーが“最強の愛妻家”になるまで「僕の妻です。うん、響きがいいね(笑)」――2021上半期 BEST3

posted2021/09/18 06:00

 
馴れ初めはシドニー五輪…40歳フェデラーが“最強の愛妻家”になるまで「僕の妻です。うん、響きがいいね(笑)」――2021上半期 BEST3<Number Web> photograph by Getty Images

8月8日はフェデラーの誕生日。妻は元テニス選手のミロスラバ“ミルカ“・バブリネックである

text by

山口奈緒美

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

PROFILE

photograph by

Getty Images

2021年上半期(3月~8月)、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト3を発表します。テニス部門の第3位は、こちら!(初公開日 2021年8月8日/肩書などはすべて当時)。

 戦い続けるテニス界のレジェンド、スポーツ界の帝王……どんなおおげさな称号を並べても言葉だけ浮くことがないのは、その実績と品格の証だろう。ロジャー・フェデラーが8月8日、40歳になる。その日付はこだわり続けるラッキーナンバー『8』の所以だから、ファンなら一度聞けば忘れようがない。

「オリンピックにはたくさんのすばらしい思い出がある」

 先月のウィンブルドンでは準々決勝でポーランドの世界ランク18位フベルト・フルカチュに完敗し、昨年手術をした右膝のケガの悪化を理由に東京五輪を断念した。シドニーで始まったフェデラーのオリンピック・キャリアは、銀メダルを獲得したロンドンを最後に、5大会目を迎えることなくこのまま幕を閉じる可能性が濃厚だ。

 あのフェデラーがオリンピックのシングルスで金メダルを獲得できなかったことは皮肉だが、だからこそ、スタン・バブリンカとのダブルスで金メダルを獲得した北京五輪でのはしゃぎっぷりが鮮烈な記憶になっているのかもしれない。アテネ、北京と2大会でスイスの旗手を務めた姿も印象深い。

 今回と同じく膝のケガでリオを欠場したあと、東京でプレーする可能性について聞かれたフェデラーはこう答えている。

「北京でのダブルスの金メダルは僕にとってはすごい驚きだった。旗手を2回もさせてもらったし、シドニーでは美しい妻と出会うことができた。オリンピックにはたくさんのすばらしい思い出がある」

 そう、オリンピックの思い出を語るとき、フェデラーは必ず妻ミルカとの出会いを口にするのだ。

シドニー五輪での“運命的な出会い”

 ミルカがミロスラバ・バブリネックの名でツアーを戦うプレーヤーだったことは、一般的にはどのくらいの人が知っているだろうか。活動期間は短かった。最高で76位までいったが、グランドスラムで戦った期間は2年あまり。引退したときはまだ24歳の若さだった。

 フェデラーと、3歳年上のバブリネックが初めて親しく言葉を交わしてからロマンスに発展するまでは、全てシドニーのオリンピックで起こった出来事だったという。

【次ページ】 最初はフェデラーから「ミルカはモテモテでしたよ」

1 2 3 4 NEXT
ロジャー・フェデラー
ミロスラバ・バブリネック
ミルカ
オリンピック・パラリンピック
東京五輪
北京五輪
ロンドン五輪

テニスの前後の記事

ページトップ