Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[ドラフト同期の絆]“クソガキ”翔平と過ごした日々

posted2021/09/11 07:01

 
[ドラフト同期の絆]“クソガキ”翔平と過ごした日々<Number Web> photograph by SANKEI SHIMBUN

text by

佐藤春佳

佐藤春佳Haruka Sato

PROFILE

photograph by

SANKEI SHIMBUN

プロの第一歩を踏み出した大谷と「鎌ケ谷時代」を共にした、2013年ルーキーズの秘話。

 2012年11月22日。札幌市内で行われた日本ハムの新入団選手発表に、「主役」の姿はなかった。メジャー志望を表明していたにも関わらず指名を強行したドラフト1位・大谷翔平との交渉は難航していた。登壇した2位以下の6選手を脇に、栗山英樹監督には大谷をどう翻意させるのか、といった質問が次々に飛んだ。

 ルーキーたちも控室では“欠席者”の話題で盛り上がった。「一緒にやりたいけど、きっとメジャーに行くんだろうね」。そう言ってうなずきあった。

 大どんでん返しで入団を決めた「主役」と6人が初めて顔をあわせたのは、年が明けた'13年1月、千葉県鎌ケ谷市の二軍施設での自主トレの時だった。

 6位指名の右腕、屋宜照悟は、初めてキャッチボールした時のことが忘れられない。

「衝撃でしたよ。ワンバンが来る! と頭で認識してグラブを下に向けた瞬間、そのままノーバウンドでビューンって伸びてきたんです。あんな球を見たのは初めてです。こいつ化け物だなと思いました」

 5位指名の新垣勇人も、出会いを鮮明に覚えている。この年指名された12球団の新人で最年長の27歳でプロ入りしたオールドルーキーは、注目を集める9歳年下の右腕の存在に心浮き立っていた。

「トレーニングも自分で考えて取り組んでいて、高校生なのに高い目標を持っている選手だな、って。あとはカメラが凄かったので、僕は写り込もう、写り込もうって思ってました。目立ちたがりなんで。翔平の後ろでしっかり顔を作っていました」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2742文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

大谷翔平 旋風を超えて。

Sports Graphic Number 1035

大谷翔平 旋風を超えて。

 

関連記事

北海道日本ハムファイターズ
大谷翔平
屋宜照悟
新垣勇人
宇佐美塁大
鍵谷陽平

プロ野球の前後の記事

ページトップ