Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

元スカウトが語る「阪神ドラフト変革」~若虎躍動の理由~

posted2021/06/25 07:00

 
元スカウトが語る「阪神ドラフト変革」~若虎躍動の理由~<Number Web> photograph by KYODO

2020年、母校の近大マグロ像前でポーズを取る佐藤

text by

佐井陽介(日刊スポーツ)

佐井陽介(日刊スポーツ)Yosuke Sai

PROFILE

photograph by

KYODO

生え抜きの若虎たちが躍動する新生タイガース。育成成功への転機は'15年秋にあった。

 さすがに覚悟せざるを得なかった。

 まだ肌寒さが残る甲子園。ドラフト5位ルーキーだった青柳晃洋は登板直後の5回表、マウンド上で緊張から顔を引きつらせていた。1球目からボール球が10個続き、球場全体からため息が漏れ続けていた。

「これは代えられちゃうな……」

 統括スカウトを任されていた佐野仙好は今も、そう諦めかけた直後の光景を鮮明に記憶している。3者連続四球から2失点した新人に2イニング目が与えられたのだ。

 落ち着きを取り戻した変則右腕は3者凡退を奪って、笑顔で降板。試合後に金本知憲監督から「結構、力あるよ。一軍も十二分にあり得る」と褒められたと耳にして、また驚いた。2016年3月5日、ロッテとのオープン戦にまつわる思い出だ。

「もちろん本人が努力してくれたことが一番ですけど、あそこで続投させてもらえたから、今の青柳があるのだと思います」

 あれからもう5年が過ぎたというのに、佐野があの時を忘れることはない。それはちょうど、タイガースに新たな息吹が吹き込まれて間もない頃の出来事だった。

 佐野がアマスカウト担当の統括スカウトに昇進したのは'12年1月。当時、阪神といえばFAなどの大型補強で戦力を整える印象がまだ強かった。この年、チームは主力どころの調子が上がらないまま、2年連続Bクラスの5位でシーズンを終えている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2284文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

阪神タイガース
佐野仙好
金本知憲
青柳晃洋
大山悠輔
佐藤輝明

プロ野球の前後の記事

ページトップ