Sports Graphic NumberBACK NUMBER

トレーニングに新たな提案 筋肉の超回復に欠かせない、スーパーポリフェノール『Eルチン』のチカラとは

posted2021/06/29 11:00

 
トレーニングに新たな提案 筋肉の超回復に欠かせない、スーパーポリフェノール『Eルチン』のチカラとは<Number Web> photograph by AFLO

text by

福田剛

福田剛Tsuyoshi Fukuda

PROFILE

photograph by

AFLO

筋肉を回復するために、トレーニングやランニング後にプロテインを飲むのは今や当たり前。しかし、最新の研究ではプロテインだけでは不十分であることが分かっている。より効率良く筋肉を回復させるためには何をしたらいいのか。森永製菓株式会社研究所の山本貴之博士(農学)に聞いた。

 トレーニングやランニングで刺激を受けた筋肉は、筋線維の一部が壊れる。 この壊れた筋線維が回復するときに以前よりも少し太くなって修復されるのが、筋肉が大きくなる(肥大)メカニズムだ。

 壊れた筋繊維を効果的に肥大させるためには適度な休養と筋肉の素となる栄養素プロテイン(たんぱく質)が必要となるのはよく知られており、今やトレーニングやランニング後にプロテインを摂取するのは当たり前になっている。しかしそれだけでは不十分ということが、最新の研究で分かってきた。

「運動をすると体内で活性酸素が発生します。この活性酸素は細菌やウイルスを破壊する働きがあるので、適度な量であれば問題はありません。ところがトレーニングやランニングで負荷をかけすぎると、身体が本来持っている抗酸化能力が追い付かず、どんどん活性酸素が溜まり、身体が“酸化ストレス”状態になってしまいます」と指摘するのは、森永製菓株式会社研究所の山本貴之氏だ。

 酸化ストレス状態になると筋肉がサビ付いた状態になる。すると、疲労の回復が遅くなり、パフォーマンスが低下する。さらに酸化ストレスは、たんぱく質から分解されたアミノ酸にダメージを与えるため、プロテインを摂取しても効率良く栄養を取り込むことができず、いくらトレーニングをしても筋肉が付きづらい身体になってしまう。

「トレーニングの質を高め、筋肉を効率良く増やすためにも、体内の酸化ストレスはなるべく早く改善する必要があります」

酸化ストレスについて10年以上前から研究

 酸化ストレスを改善するためにはどうしたらいいのか。この問題を解決するために森永製菓株式会社研究所では10年以上前から研究を続けてきた。

「酸化ストレスというのは老化と深く関係があり、もともとは美容の分野で研究が進められていました。そのため酸化ストレスを改善する抗酸化成分として、ワインやコーヒーなどに含まれているポリフェノールが有効であることは分かっていました。そこで筑波大学と共同研究でさまざまポリフェノールを集め比較実験したところ、玉ねぎやアスパラガス、蕎麦に含まれているルチンに強い抗酸化作用があることが明らかになりました」

 抗酸化力の強いポリフェノール・ルチンは、筋肉量を増やしたい人にとって必要不可欠なものと言える。ところがこのルチンには、クリアすべき大きなハードルがあった。

【次ページ】 酸化ストレスを改善するポリフェノール『Eルチン』

1 2 NEXT

ページトップ