プロ野球亭日乗BACK NUMBER

原辰徳監督が明かす桑田真澄コーチ就任の真相「最初から彼が素晴らしい野球人だとは思っていなかった。でも…」―2020-21 BEST3

posted2021/05/06 17:00

 
原辰徳監督が明かす桑田真澄コーチ就任の真相「最初から彼が素晴らしい野球人だとは思っていなかった。でも…」―2020-21 BEST3<Number Web> photograph by SANKEI SHINBUN

キャンプでの練習終了後、ストレッチする桑田真澄・投手チーフコーチ補佐

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

SANKEI SHINBUN

2020年から2021年(対象:12月~3月)まで、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト3を発表します。プロ野球部門の第1位は、こちら!(初公開日 2021年2月27日)。

 巨人は変わらなければならない――セ・リーグ連覇を果たしながら、日本シリーズではソフトバンクの前に2年連続で4連敗。球界の盟主の座を譲り渡した巨人・原辰徳監督は、就任3年目のキャンプで新たなチーム改造へと乗り出している。「ソフトバンクに勝つためには全ての面でのレベルアップが必要」と語る指揮官を直撃した全3回のインタビュー。第1回はチーム改造の切り札となる桑田真澄投手チーフコーチ補佐就任の全真相を聞いた(全3回の1回目/#2#3へ続く)。

◆◆◆

「オーナーも即座に『それは賛成だ』と」

――桑田コーチの就任は正直、驚かされました。まず桑田コーチに白羽の矢を立てた理由を教えてください。

「ここ数年、私の中では野球界全体が止まっているような、そんな閉塞感のようなものを感じる部分があったんです。実際に私が監督として巨人に戻ったことも、どこかに先に進んでいないというものもある。もちろん私自身の中では、自分が監督に戻ったことでそういう野球界に一石は投じたという自負はあります。ただ、その中でジャイアンツを動かし、次に繋げるという意味で、非常に気になる人がいた。ここ数年の野球にたいする言動も含めて非常に注目する存在がいた。それが桑田真澄だったということです」

――具体的にはいつごろから動き出して、どういう経緯で実現したのでしょうか?

「昨年の12月29日だったと思います。山口(寿一)オーナーにお目にかかって、そこで私が『実はオーナー、私は野球界で非常に気になっている人が一人だけいる。それは桑田真澄なんです。彼をスタッフとして迎え入れたいと思っていますが、いかがでしょうか?』と聞いたんですね。するとオーナーも即座に『それは賛成だ』と言ってくれた。そこで次に宮本(和知投手チーフコーチ)に『ミヤ、こういう形で真澄をジャイアンツの一員に迎え入れたい。俺自身も興味あるし、スタッフになってもらおうと思うけどどうだい?』と聞いたら彼も『僕も勉強になるし、ぜひともお願いします』と。その2人だけでしたね、相談したのは」

――そこから桑田コーチ本人にコンタクトをとって、話はとんとん拍子に進んでいったということですか?

【次ページ】 「お金の話、契約の話は一切しなかった」

1 2 3 4 NEXT
原辰徳
読売ジャイアンツ
桑田真澄

プロ野球の前後の記事

ページトップ