濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

武尊vs那須川天心は実現なるか 「自分より強いって言われてるヤツがいるのが許せない」―2020-21 BEST5 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byRIZIN FF Susumu Nagao

posted2021/05/05 17:05

武尊vs那須川天心は実現なるか 「自分より強いって言われてるヤツがいるのが許せない」―2020-21 BEST5<Number Web> photograph by RIZIN FF Susumu Nagao

この5年間熱望され続けている那須川天心と武尊の試合は、果たして実現するのだろうか

那須川の「まだ何も決まってない」が現状に最も近い

 この“2大決戦”をクリアしたとして、試合ができるのは早ければ夏ごろか。まだ気が早いが、どの会場で試合をするのか、そのときコロナ禍がどうなっているのかも重要だ。

 どの会場であれ、1席おきの“間引き”券売ではチケットを買えないファンが大量に出るだろう。オリンピックが開催されれば、夏に大会場を抑えるのはかなり難しくなるはずだ。最終的にはルールや体重の調整も必要になってくる(那須川のベスト体重は55kg。武尊は60kgのベルトを巻いている)。

 ともあれ、現状に最も近い言葉は、那須川の「まだ何も決まってない」だ。すべてはこれから。しかし実現に向けて動き出したことも間違いない。K-1でもRIZINでもRISEでもない舞台をいかに作るか。問われるのは関係者たちの手腕だ。

 この対戦は誰か(どこかの団体)が傷つき、価値を下げるものであってはいけない。それは、自分だけ得をしようとしてはいけないということでもある。これまでの格闘技界はパイの奪い合い、誰かが浮けば誰かが沈むという考え方が支配的だった。しかしこの対戦に関しては“三方一両損”を全員が受け入れれば、結果として全員が得をする。これをきっかけに業界そのものに変化してほしいと、当の2人は考えているのではないか。

2020-21年 格闘技部門 BEST5

1位:武尊vs那須川天心は実現なるか 「自分より強いって言われてるヤツがいるのが許せない」https://number.bunshun.jp/articles/-/847909

2位:目が合えば誰でも襲う“狂える虎”タイガー・ジェット・シンが震災で流した涙 「子どもは本当に神様の子なんだ」
https://number.bunshun.jp/articles/-/847908

3位:“フェリス女学院卒のプロレスラー”雪妃真矢が銀行員から“転職”した理由 「DDTを見てなかったら私は…」
https://number.bunshun.jp/articles/-/847907

4位:大量の“砕け散ったガラス”が背中に刺さり… なぜ彼らは「血塗れ」になってまでデスマッチを戦うのか
https://number.bunshun.jp/articles/-/847906

5位:「つまらないこと聞くな!」馳浩が山田邦子を怒鳴りつけた“事件の真相”と34年後のグータッチhttps://number.bunshun.jp/articles/-/847905

関連記事

BACK 1 2 3 4
那須川天心
武尊

格闘技の前後の記事

ページトップ