酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

甲子園でヒジを壊した沖縄水産の“悲劇のエース”大野倫 「ぶっ殺す報道」の真相と恩師・栽監督の言葉とは―2020-21 BEST3 

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph byKatsuro Okazawa/AFLO

posted2021/05/04 06:00

甲子園でヒジを壊した沖縄水産の“悲劇のエース”大野倫 「ぶっ殺す報道」の真相と恩師・栽監督の言葉とは―2020-21 BEST3<Number Web> photograph by Katsuro Okazawa/AFLO

沖縄水産でヒジを痛めたものの、プロ入りして巨人・ダイエーなどにも所属した大野倫

「倫をつぶしたのは俺の責任かなあ」

――沖縄水産は8-13で大阪桐蔭に敗れ、2年連続の準優勝に終わりました。

「終わってから、栽先生にはじめてほめられました。"おつかれさん、よくがんばったな"と。それ以上は言わなかったけど、あとで聞くところでは酒を飲みながら、コーチや部長に"倫をつぶしたのは俺の責任かなあ"と言っておられたようです。そして僕が打者でプロ入りした時も"本来だったら投手でプロ入りするはずの選手"と感想を漏らされたようです。僕に直接は言わなかったけど、やはり葛藤があったのでしょう」

大学で、もう一度投手を……と願った栽監督の配慮

――大野倫は九州共立大に進み、外野手に転向する。ここにも栽弘義監督の意向が働いていたそうですね。

「九州共立大は栽先生の教え子の仲里清先生が監督を務めておられました。僕は、関東の大学に行きたいと思ったので、逃げ回っていました。でも高校3年の10月に右ヒジを手術してどうなるかわからない中での進路選択でした。結局、リハビリに1年かかったのですが、九州共立大では、栽先生の申し送りもあって仲里監督がしっかり別メニューで調整させてくれました。関東の大学なら、1年坊主がリハビリで本隊から離れて別メニューができたかどうかわかりません。

 そういう配慮でもわかるように、栽先生は手術をしてもう一度投手で勝負してほしいと思っておられたようですが、僕は高校で1つの区切りをつけたつもりでした。

 手術ビデオを見ながら執刀医の先生が"投手は難しいな"というのを聞いていましたし、僕自身、燃えつきではないですが、続ける気はなかった。仲里監督にクラブハウスで"もう一度投手をやらないか"と言われましたが、断りました。

 実は、甲子園では投手としては自信を無くす一方で、打者としては6試合で大会最多の14安打を打っていて、打者としての自信が芽生えていたんです」

極端に言えば左手だけで打っていました

――甲子園では右ヒジの痛みに耐えて安打を量産していた?

【次ページ】 「ぶっ殺す」報道に栽監督は笑っていた

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
沖縄水産高校
大野倫
裁弘義

高校野球の前後の記事

ページトップ