欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

現地番記者が暴露する“銀河系レアル”崩壊の真相… ベッカム加入も停滞、フィーゴが批判した「最低の監督」とは―2020-21 BEST3

posted2021/05/03 06:00

 
現地番記者が暴露する“銀河系レアル”崩壊の真相… ベッカム加入も停滞、フィーゴが批判した「最低の監督」とは―2020-21 BEST3<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

世界、とりわけ日本で大ブームを起こしたベッカムのレアル・マドリー移籍。しかし彼の加入は、第1期ペレス会長政権終焉の始まりだった

text by

カルメン・コリーノ(ディアリオ・アス紙)

カルメン・コリーノ(ディアリオ・アス紙)Carmen Colino(Diario AS)

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

2020年から2021年(対象:12月~3月)まで、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト3を発表します。サッカー部門の第3位は、こちら!

2月からUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメントが始まった。バルセロナ、レアルとアトレティコの両マドリー勢が覇権奪取をもくろむ一方で、バルサとレアルは現在決して順風満帆とは言えない。そんな両クラブ、そしてアトレティコの“暗黒期”について現地スペイン人記者に振り返ってもらった。最終回はレアル編だ(翻訳:工藤拓)

◆◆◆

 2003年6月22日、レアル・マドリーはホームでアスレティック・ビルバオを破り、最終節でリーグ優勝を決めた。その夜に世紀の迷走がはじまることなど、歓喜に沸くマドリディスタたちには予見できるはずもなかった。

 「ロナウドのリーガ」を祝うはずだったその夜、デルボスケの続投が拒まれたことに腹を立てていた選手たちは、試合後のセレモニーでグラウンドを2度周回することを拒否した。シベレス広場の噴水に登る伝統行事をマドリー市長が許可しなければ、彼らは市庁舎への表敬訪問もボイコットするつもりだった。

 こうした対立の先頭に立っていたのはキャプテンのイエロだ。祝勝ムードとなるはずの夕食会は緊迫した空気に包まれ、フロレンティーノ・ペレス会長とイエロの言い争いはメソン・チストゥ(マドリーの有名レストラン)の外まで響くほど激しかった。

エルゲラが明かす優勝後の“しらけ具合”

「みなが続投を望んでいたのに、クラブはデルボスケを切るつもりだった。会長は自分たちと一緒にリーグ優勝を祝うのも嫌がっていたから、とても夕食を楽しめるような雰囲気ではなかったよ」

 当時マドリーの一員だったエルゲラは、何年も後にそう振り返っている。

 この日の衝突が原因で、イエロはマドリーを去ることになった。クラブに正当に評価されていないと感じていたマケレレもチェルシーへと移籍していった。

 デルボスケは3年半の間に7つのタイトル(チャンピオンズリーグとリーガを2度、スーペルコパ・デ・エスパーニャ、UEFAスーパーカップ、トヨタカップを1度)を勝ち取ったにも関わらず、クラブから何の連絡も受けぬまま契約満了を迎えた。フロレンティーノは当時、その理由を「彼のプロジェクトには限界が見えはじめていた」と説明している。

 黄金期を築いた監督とキャプテンを同時に切り捨てる。シーズン終了から24時間も経たぬうちに下したこの決断により、マドリーはその後数年にわたって高い代償を払い続けることになる。

【次ページ】 マケレレの代わりにやってきたベッカム

1 2 3 4 5 NEXT
レアル・マドリー
デイビッド・ベッカム
クロード・マケレレ
ルイス・フィーゴ
ロベルト・カルロス
ロナウド

海外サッカーの前後の記事

ページトップ