Number ExBACK NUMBER

「登山家が瞬間冷凍で亡くなっています」“自殺的行為”なのに…なぜ栗秋正寿は冬のアラスカ登山に挑み続けた?―2020-21 BEST5

posted2021/04/30 06:01

 
「登山家が瞬間冷凍で亡くなっています」“自殺的行為”なのに…なぜ栗秋正寿は冬のアラスカ登山に挑み続けた?―2020-21 BEST5<Number Web> photograph by Masatoshi Kuriaki

2007年フォレイカーの最終キャンプ(4080m)の雪洞で停滞中に栗秋が撮影した写真。頂上アタックのチャンスをひたすらに「待つ」シーン

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph by

Masatoshi Kuriaki

2020年から2021年(対象:12月~3月)まで、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。スポーツ総合部門の第4位は、こちら!(初公開日 2021年1月30日)。

 史上最年少でデナリ(6190m、米アラスカ州)の冬季単独登頂を果たした世界的な登山家、栗秋正寿(48)が、事実上の「引退」を表明した。山を辞める決断をしたきっかけは、2016年の人生初の遭難だった。自ら〈ばかげたこと〉だと訳した冬のアラスカ登山――そもそも栗秋はなぜ“そんなところ”をわざわざ目指し続けたのか。(全3回の2回目/#1#3へ)

◆◆◆

――アラスカ通いを続けていたときは、今頃、アラスカの山中にいたんですね。

栗秋 そうですね。だいたい冬の間、2カ月から3カ月弱は山に入っていました。最長は2010年のハンター登山のときで、83日間、入山していたことがあります。

――登山の方法は大きく分類すると「アルパインスタイル」「カプセルスタイル」「極地法」に分かれます。ざっくり言うと、「アルパインスタイル」は軽装備で短時間で登る方法で、それとは対極にある「極地法」は大量の荷物を何回かに分けて荷揚げし、時間をかけて少しずつ高度を稼ぐ方法です。昔の日本の登山隊もよくこの方法を採用していました。「カプセルスタイル」はその中間に位置する方法で、「アルパインスタイル」ほど軽装備ではないけれど、「極地法」ほど大がかりでもない。近年は、成功率が高いこともありアルパインスタイルが主流ですが、栗秋さんはどちらかというと古典的なカプセルスタイルを貫きました。

栗秋 冬のアラスカ山脈は天候が猫の目のように変わります。山頂付近ともなれば、天候が穏やかになるのはトータルで月に数日から1週間程度でしょう。なので、停滞は日常茶飯事。短い日数で一気に、というのは難しいんです。アルパインスタイルだと、登山中に天候が急変しビバークを余儀なくされた場合は、命取りにもなりかねません。私の登山の成否は、登山技術以上に、キャンピングスキルがものをいう。環境が厳しくなればなるほど、停滞が長引けば長引くほど、どうやって寒さをしのぎ、どうやって食事をとるかが重要になってくる。そこが一般的な登山のイメージとは大きく違うところです。いいときだけ動いて、ダメなら待つ。マイナス要因が1つでもあったら、その日は休む。だから、何をしに行ってるの、って聞かれたら、待ちにいってるという感じですね。待つことが仕事なんです。

「お湯をつくるだけで1日4、5時間」

――さまざまな登山家の方と栗秋さんが目指した「アラスカ三山の冬季単独登頂」について話をしたことがあります。おおむね反応は決まっています。すごい、と。ただ、失礼ながら、「変人」でなければできないみたいな言い方をします。

【次ページ】 それは〈ばかげたこと〉か〈自殺的行為〉か

1 2 3 NEXT
栗秋正寿

他競技の前後の記事

ページトップ