将棋PRESSBACK NUMBER

東大現役合格→原子力エンジニアの父が語る糸谷哲郎八段 「1、2歳で“頭の出来が違う”と」【父子の母校秘話も】―2020-21 BEST3

posted2021/04/28 17:00

 
東大現役合格→原子力エンジニアの父が語る糸谷哲郎八段 「1、2歳で“頭の出来が違う”と」【父子の母校秘話も】―2020-21 BEST3<Number Web> photograph by Kyodo News

糸谷哲郎八段は挑戦者として渡辺明棋王に挑む

text by

沢田啓明

沢田啓明Hiroaki Sawada

PROFILE

photograph by

Kyodo News

2020年から2021年(対象:12月~3月)まで、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト3を発表します。将棋部門の第1位は、こちら!(初公開日 2021年2月6日)。

 糸谷哲郎八段が棋王戦(渡辺明棋王)に初挑戦する。圧倒的な早指しで竜王を獲得するなど将棋ファンに強烈なインパクトを残すとともに、将棋界では初となる“プロ入り後、国立大に進学した棋士”となり、大学院にも在籍した異色の棋士だが、その父・康宏氏に愛息のこれまでの歩みや教育法を、中・高校時代の同級生だった筆者と語らい合ってもらった(全3回の1回/第2回第3回はこちら)。

◆◆◆

 広島市の中心部と日本三景の一つ宮島の中間あたりの小高い丘に、広島学院というカトリック系の中高一貫教育の私立男子校がある。一学年が180人程度で、生徒のほぼ全員が大学へ進学する。

 2月6日に始まる棋王戦五番勝負で渡辺明三冠(36)に挑む糸谷哲郎八段(32)は、この学校の出身だ。

 1998年、小学校4年で日本将棋連盟関西奨励会(大阪)に入って以後は毎月2日、新幹線で通って将棋の修行をした。その一方で、受験勉強をして競争率数倍の広島学院中に合格する。

 高校2年で奨励会三段リーグを勝ち抜き、プロ棋士となる。高校3年の10月、若手棋士の登竜門である新人王戦で優勝。全棋士中最高の14連勝を記録し、将棋大賞の連勝賞と新人賞をダブル受賞。その強さから「怪物君」と呼ばれた。

 この年の末から受験勉強を始め、大阪大学文学部に合格。ドイツの哲学者マルティン・ハイデッガーを研究した。

羽生、森内を打ち破って竜王獲得&修士課程修了

 それと並行して大学3年のとき、2009年度NHK杯で準優勝。2011年には大阪大学大学院へ進み、ハイデッガー研究者で自身も哲学者のヒューバート・ドレイファスを研究した。

 2014年、竜王戦挑戦者決定戦で羽生善治名人(当時)を破って挑戦権を獲得し、森内俊之竜王を倒して初のビッグタイトルを獲得。2017年3月、修士課程を修了した。

 中学を卒業してプロになったケースが5例あり、近年でも大学に通いながら対局に臨む棋士が増えたとはいえ、将棋界では異色の高学歴棋士である。

 そして2018年にA級棋士となり、現在までその地位を保つ。昨年、棋王戦挑戦者決定トーナメントを勝ち抜き、今年、7年ぶりのタイトル獲得を目指す。

【次ページ】 なんと父と筆者は同窓生で、サッカー部のチームメイト

1 2 3 4 NEXT
糸谷哲郎
渡辺明

ゲームの前後の記事

ページトップ