Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

落合竜の怖れ「よく似た2人の6年戦争」~ライバルが見た原巨人~

posted2021/04/12 07:00

 
落合竜の怖れ「よく似た2人の6年戦争」~ライバルが見た原巨人~<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

落合が退任する'11年まで続いた6年に及ぶ全面戦争。直接対決のCSを含めた通算成績は落合の83勝71敗3分だった

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

6年にわたり、原と落合はしのぎを削った。奇策、急襲、だまし討ち。中日があらゆる手を尽くし、打倒を目指した巨人とはいったいどんな敵軍だったのか。攻略に尽くした参謀と両監督を知る名手が証言する。

 プレーボールを待つ東京ドーム、ホームベース後方では落合博満と原辰徳が向かい合っていた。カメラのレンズに囲まれながら、黒衣の審判団を介して、互いにスターティングメンバー表を交換する。

 その瞬間、顔をしかめたのは原の方だった。

 中日ドラゴンズのバッテリーチーフコーチ森繁和は、離れた場所からその様子を見つめていた。

《うちのメンバー表を見て、原監督も巨人のベンチにいたコーチやスコアラーも、がっくりしているのがわかったよ》

 2007年10月18日、クライマックスシリーズ(CS)セカンドステージは、セ・リーグを制した読売ジャイアンツと2位中日の顔合わせとなった。日本シリーズ進出をかけた短期決戦の初戦、中日の先発ピッチャーは大方のメディアが予想していた右腕・山井大介ではなく、サウスポーの小笠原孝であった。その事実が原の顔色を変え、巨人ベンチを落胆させたのだった。

 おそらく、この起用を予想できた者はいない。それだけの仕掛けを森が施していたからだ。小笠原は4日前、阪神タイガースとのCSファーストステージ第2戦にリリーフとして投げたばかりだった。先発もリリーフもできる投手ではあったが、直近のゲームでリリーフ登板したことによって、小笠原はこの日の先発候補から消えた。少なくとも外部から見れば、そう映った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3613文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

20年目の原巨人

Sports Graphic Number 1024

20年目の原巨人

 

中日ドラゴンズ
落合博満
森繁和
小笠原孝
井端弘和
読売ジャイアンツ
原辰徳

プロ野球の前後の記事

ページトップ