Sports Graphic NumberBACK NUMBER

村上宗隆×池江璃花子「日本一になるための体調管理」【スペシャル対談】

posted2021/03/18 11:00

 
村上宗隆×池江璃花子「日本一になるための体調管理」【スペシャル対談】<Number Web> photograph by Asami Enomoto

2020年12月上旬、神宮球場にて。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

日本を代表するトップスイマー・池江璃花子とスワローズの4番打者・村上宗隆が、神宮球場で初対談。その話題は互いの競技の面白さ、日の丸を背負う重圧、トレーニング方法、体調管理と、多岐にわたった。

 白血病の長期間にわたる治療を経て、プールへと戻ってきた池江璃花子。

 昨季、高卒3年目で東京ヤクルトスワローズの4番打者に定着した村上宗隆。

 若くして日本を代表するアスリートとなった、ともに2000年生まれの2人が、競技の垣根を越え、率直に語り合った。

村上 僕は野球を5歳の頃からやっていたのですが、実は小学生の頃は水泳もやっていました。大きな大会に出るようなレベルではなかったし、池江さんの前で言うのは恥ずかしいんですが(笑)。リオデジャネイロオリンピックのレース、観ていました。

池江 ありがとうございます。

村上 僕も日の丸を背負って、オリンピックやWBCで戦いたいという気持ちがものすごくあります。オリンピックってどんな舞台ですか?

池江 「オリンピックには魔物がすんでいる」という言葉を聞いたことはありますか。

村上 何となくですが、あります。

池江 私が初めてオリンピックに行ったとき、コーチが「魔物がすんでる」って言うんですけど、何のことか分からなくて。結局は自分の使命感とか、周囲からのプレッシャーなんだろうなって思いました。でも私の場合はそういうことを感じずに、普通の世界大会と変わらない気持ちで臨んで、案外記録が出ちゃった、みたいな感じでした。

村上 気持ち、強いですね。

池江 村上さんのことを予習してみたのですが、デッドリフトとベンチプレスの数字、すごいですね。さすがだなって思いました。

村上 高校のときにかなり筋力トレーニングをやりました。今はカラダができてきたので、どちらかというとヨガ、体幹、ストレッチ、カラダの使い方を重視したトレーニングをしています。

池江 私も中断していた筋力トレーニングを再開しているのですが、今はベンチプレスで持ち上げられるのが25kgくらい。病気になる前も、47.5kgを1回上げられた程度でしたけど。

村上 いやいや、すごいじゃないですか。

【次ページ】 2人に共通する、体調管理のポイント

1 2 NEXT

ページトップ