Sports Graphic NumberBACK NUMBER

広島の「勝利の方程式」に新しい風は吹くか。ヤクルトは若手先発陣の奮起が求められる。

posted2021/02/15 11:00

 
広島の「勝利の方程式」に新しい風は吹くか。ヤクルトは若手先発陣の奮起が求められる。<Number Web> photograph by KYODO

佐々岡監督の前でブルペン投球する広島のルーキー・栗林(左)。ヤクルトの2年目、奥川恭伸はローテ争いに割って入りたい。

text by

JERAセ・リーグ取材班

JERAセ・リーグ取材班JERA Central League Coverage

PROFILE

photograph by

KYODO

3月26日のJERAセントラル・リーグ開幕に向けてNumber Webでは、2021年シーズンの戦いを展望する連載をスタート。第2回は、昨季5位の広島東洋カープ、6位の東京ヤクルトスワローズのキャンプの模様から、巻き返しに向けたキーマンを探す。

広島東洋カープ

JERAセ・リーグ2020:5位

文=前原淳

 無観客のコザしんきんスタジアムに、新しい風が吹いている。

 2018年までの3連覇から、広島東洋カープは2年続けてBクラスに終わった。2016年の黒田博樹、2018年の新井貴浩に続き、昨季は石原慶幸が現役を引退。広島の一時代は終幕し、新たな時代が始まろうとしている。

 新しい時代には、新しい選手が現れる。

 就任2年目の佐々岡真司監督もキャンプイン前日、「新しい力も必要になってくるだろう。そこは競争になる」と新戦力を含めたチーム内競争の激化がチーム力を底上げすると期待していた。

 キャンプ序盤、最も存在感を発揮した“新戦力”は、選手ではなく、4年ぶりに復帰した河田雄祐ヘッドコーチだった。

 朝から大きな声で選手に声をかける。佐々岡監督やコーチ陣とも積極的に話をする。

 2日目の円陣で新ヘッドは選手たちにこう伝えた。

「ベースランニングで、ベースを回るときの体の角度を意識してくれ。まだ2日目だからちょっと角度をつける意識でいい。初日は(体の)慣らしもあったかもしれないけど、徐々に上げていこう」

 ベースランニングを、単なるウォーミングアップの延長では終わらせない。第1クール最終日には、二塁から本塁を狙う走塁時の三塁ベースを蹴る位置や角度を細かく指示した。練習メニューには「帰塁」や「スライディング」まで盛り込まれている。

「タナキク」コンビ復活へ

 選手が当然分かっているようなことでも、あえて細かく説明する。言葉で伝えることによって意識を高め、実践させることで理解を深め、細かく言うことで徹底を生む。

 菊池涼介は河田ヘッド復帰に「若い選手は初めてで、そうなのかと思うところがいっぱいあると思う。僕らは思い返すというか、こういう野球をやっていたよなと懐かしかったり。いい影響、意識改革ができているんじゃないですか」と絶大な効果を感じている。

 広島だけでなく、西武などでもチームに叩き込んできた機動力は、一つひとつの意識を徹底するところから始まる。3連覇したカープの下地にも、この凡事徹底があった。

 野手陣は仕上がりの早さが目立つ。中でも田中広輔は、2019年の右膝手術の影響が完全に払拭されたようだ。動きに切れがあり、打撃でも土台がしっかり安定している。加えて、選手会長として声を出すなど盛り上げ役も担っている。

 河田ヘッドは菊池涼介との「タナキク」コンビの復活に期待する。

「2人には『すべてに対して見本になって、ベンチはどういう気持ちでサインを出すのかというところを、改めて分かって欲しい』と。1日1回、チーム打撃のことを考える時間をつくってくれという話をした。彼らが1、2番に座ってくれればベスト。僕はそう思います」

 昨年11月に右足首を手術し、二軍で調整中の西川龍馬も開幕には間に合う見通し。昨季リーグ2位のチーム打率を残した打線と、“新戦力”河田ヘッドによって磨かれた機動力によって、得点力はさらに増すだろう。

【次ページ】 「勝利の方程式」を確立させたい

1 2 3 4 NEXT

ページトップ