第97回箱根駅伝(2021)BACK NUMBER

箱根駅伝を走れなかった主将の胸中。後輩に「自分の分まで頑張ってくれ」。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2021/01/14 11:00

箱根駅伝を走れなかった主将の胸中。後輩に「自分の分まで頑張ってくれ」。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

青学大の主将・神林(左)はケガで出場がかなわなかったが、給水員としてチームメイトを鼓舞した。

3年生が自分の思いをかなえてくれた

 連覇を狙った青学大は4位に終わったが、主将は胸を張った。

「往路ではたしかに苦戦しましたが、復路優勝できたように、どんな状況になっても挽回できるのが青学大の強さかと思います。これまで、先輩方が培ってきた伝統を引き継げたという意味では、主将として最低限の仕事はできたかなと思います」

 9区で神林から給水を受けた飯田は来季、青学大の主将に就くことになりそうだ。

 駒大の主将・神戸駿介は10区にエントリーされていたが、当日にメンバー変更があり、大手町でアンカー・石川を待っていた。石川はフィニッシュ地点の2kmほど手前で創価大を抜いて先頭に立ち、いちばん乗りで大手町にやってきた。神戸はいう。

「今回は応援の立場に回りましたが、すごく感動させてもらいました。3年生の石川とはずっと一緒に走ってきたので、最後、フィニッシュで見えた時に涙が出てきました」

 自分は走れなかったけれど、3年生が自分の思いをかなえてくれた。駒大にとって13年ぶりの総合優勝だ。そのチームの主将として、神戸は卒業を迎える。

「駒大はまだまだ力のある選手がいます。来年以降、下級生がどんどん力をつけてきて、当然ながら連覇を期待されるチームになると思うので、自分としては本当に期待しかないです」

 吉田と神林は3年生に給水し、神戸も3年生を出迎えた。4年生から3年生へのメッセージ。たすきは後輩たちがつないでいく。

関連記事

BACK 1 2 3

ページトップ