第97回箱根駅伝(2021)BACK NUMBER

箱根駅伝を走れなかった主将の胸中。後輩に「自分の分まで頑張ってくれ」。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2021/01/14 11:00

箱根駅伝を走れなかった主将の胸中。後輩に「自分の分まで頑張ってくれ」。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

青学大の主将・神林(左)はケガで出場がかなわなかったが、給水員としてチームメイトを鼓舞した。

大学スポーツの重要性とは

「大会のレベルが、全体的に上がっています。来年以降、駒大も強い、創価大も安定しているし、東洋大も優勝を狙える布陣になるでしょう。ウチも負けていられません。今回は4位でしたが、いい箱根駅伝だったと思います。

 もちろん、最後は東洋大に抜き返されたし、悔しいですけど、いろいろな社会情勢のなかで、学生たちが箱根駅伝に向けて一生懸命に努力してきたことが発表できて良かったと思いますね」

 結果はもちろん大事だが、そのプロセスにこそ、大学スポーツの重要性があると原監督はいう。

「走れなかった4年生がどれだけ努力を重ねてきたか、部の仲間は分かっていますからね」

「人生の中でいちばん頑張った1年」

 原監督がいうように、16人のメンバーには登録されたものの、箱根駅伝を走れなかった主将も少なくなかった。

 早稲田大学の主将・吉田匠は前回5区を担当し、3000m障害で日本選手権の出場経験を持つ実力者だが、今季はケガに泣いた。最後の箱根駅伝での仕事は、10区・山口賢助(3年)に給水をすること。給水を受け取った山口はいう。

「吉田さんから『前の東海、追えるぞ、抜けるぞ!』と声を掛けてもらいました。それまで自分の走りができないことに動揺していたんですが、吉田さんから言葉をもらって、もう一度ペースを切り替えることができたんです」

 青学大の主将・神林勇太は疲労骨折のため走れず、9区・飯田貴之(3年)と給水のために30mほど並走した。

「自分の分まで頑張ってくれ、と飯田には伝えました。最後、自分の憧れの舞台だった箱根駅伝で走れなかったことは、どうやってもその悔しさは消えないと思いますが、人生の中でいちばん頑張った1年でした。最後の成果を発表できなかったのは残念ですし、これまで応援してくれたみなさんに恩返しできませんでしたが、過程では出し切ったと思います。そこに悔いはありません」

【次ページ】 3年生が自分の思いをかなえてくれた

BACK 1 2 3 NEXT

ページトップ