第97回箱根駅伝(2021)BACK NUMBER

駒澤大学、13年ぶりの総合優勝。「不思議な勝ち」を呼んだ、大八木監督の執念と4年生の献身。 

text by

小堀隆司

小堀隆司Takashi Kohori

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2021/01/07 11:00

駒澤大学、13年ぶりの総合優勝。「不思議な勝ち」を呼んだ、大八木監督の執念と4年生の献身。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

駒大のアンカー・石川は区間賞の走りで逆転優勝のフィニッシュテープを切った。

万事休す、と誰もが思った

「自分は監督に檄を飛ばしてもらうのが嬉しくて、今回も苦しい中で力を振り絞れました。ただ後半は監督も興奮されていて、よく聞き取れなかったです(笑)。とにかく頑張れという気持ちだけは伝わってきました」

 沿道での観戦を控えるよう呼びかけられたこともあり、今回は大八木監督の声がテレビ中継でも良く聞こえた。言魂というように、まさに監督の執念が言葉に乗り移っているかのようだった。

 7区、8区と進むにつれ、レースは創価大と駒大の一騎打ちの様相に。9区は復路のエース区間で、駒大はここに全日本大学駅伝で好走した山野力(2年)を配置した。しかし、創価大の石津佳晃(4年)が区間賞を獲得する素晴らしい走りで、差は逆に3分19秒にまで広がってしまう。

 万事休す、と誰もが思ったことだろう。

 長い箱根駅伝の歴史の中で、最終10区での首位交代はわずかに8回のみ。これだけのタイム差を逆転した例は戦後一度もない。

10区石川に大八木監督がかけた言葉

 だが、百戦錬磨の名将はここで声のトーンを落とすことはなかった。

 内心「2番を覚悟」しながらも、10区の石川拓慎(3年)には「いいか、区間賞狙いで思い切っていくぞ」と声をかけた。

 前半から突っ込ませなければ勝機はない。しかし、焦って前を追わせると後半の伸びを欠いてしまう。過度なプレッシャーを与えず、かつ挑戦心を奮い立たせる、絶妙な声がけだった。

 石川はその指示通り、自分のベストを出し尽くすことに集中していたという。

「自分は前回も10区を走っていて、区間7位で悔しい思いをしていたので、そのリベンジを果たすことだけを考えていました。前とのタイム差はほとんど気にしていなかったです」

 無欲の走りが想定外のドラマを生む。蒲田を過ぎ、新八ツ山橋を越えて、16.5km地点の田町まで来ると、先頭との差は再び1分17秒にまで縮まっていた。

【次ページ】 『区間賞に加えて、優勝も狙ってほしい』

BACK 1 2 3 NEXT

ページトップ