“Mr.ドラフト”の野球日記BACK NUMBER

“外れ外れ”の山田哲人、改めて評価したい澤村拓一&大野雄大の一本釣り…10年前のドラフト覚えてる?――2020 BEST5

posted2020/12/30 11:31

 
“外れ外れ”の山田哲人、改めて評価したい澤村拓一&大野雄大の一本釣り…10年前のドラフト覚えてる?――2020 BEST5<Number Web> photograph by Kyodo News

履正社高校で会見を行う山田哲人。ヤクルトは斎藤佑樹、塩見貴洋と即戦力投手を立て続けに外し、将来有望の打者に切り替えた

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph by

Kyodo News

2020年、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。ドラフト会議部門の第4位は、こちら!(初公開日 2020年10月16日)。

須田、加賀美は現在も社会人で奮闘中

◇2010年横浜指名一覧◇
× 大石達也(早稲田大学・投手)
1位 須田幸太(JFE東日本・投手)
2位 加賀美希昇(法政大・投手)
3位 荒波翔(トヨタ自動車・外野手)
4位 小林寛(大阪学院大・投手)
5位 大原慎司(TDK・投手)
6位 福山博之(大阪商業大・投手)
7位 大原淳也(四国九州IL香川 ・内野手)
8位 つる岡賢二郎(四国九州IL愛媛・捕手)
※「つる」は「雨かんむり」に「隹」と「鳥」
育成1位 松下一郎(関西外国語大・捕手)

 私が考える成功選手の基準「投手・通算50勝、300試合登板/野手・500安打、1000試合出場」に達したのは楽天に移籍後、リリーフとして活躍している6位福山だけ。ベイスターズに所属したのは2011、12年の2年間だけだが、13年に移籍した楽天では14年から17年までの4年間で毎年65試合以上登板する鉄腕ぶりを発揮。防御率も1~2点台と安定していた。

 ちなみにベイスターズから楽天に移籍して成功した選手は福山だけではない。04年の4巡・藤田一也はDeNA時代は無冠だったのが、楽天移籍後はベストナイン2回、ゴールデングラブ賞を3回獲得。02~15年までAクラスが1回だけという暗黒時代にいた横浜(現DeNA)の低調ぶりはドラフトにも現れていたとも言えるだろう。

 ただ興味深いのは、上位指名選手たちのDeNA退団後の活躍だ。

 1位須田は社会人の古巣・JFE東日本へ。19年都市対抗で最優秀投手に与えられる橋戸賞を受賞、同年に社会人のベストナインにも選出された。JR西日本へ活躍の場を求めた2位加賀美は16年日本選手権2回戦、JR東日本東北戦でノーヒットノーランを演じている。2人とも依然として現役選手としてマウンドに立っていることはうれしい限りだ。ちなみに3位荒波はメキシカンリーグなどを経て、現役引退後は神奈川フューチャードリームスのアドバイザーなどを務めている。

【次ページ】 広島は早稲田トリオの福井を獲得

1 2 3 4 5 6 NEXT
須田幸太
福井優也
山田哲人
澤村拓一
榎田大樹
大野雄大

プロ野球の前後の記事

ページトップ