欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

久保建英のラストパスにエースも拍手 「タケにボールをあずけておけば」との信頼を生む10分強――2020 BEST3

posted2021/01/03 17:00

 
久保建英のラストパスにエースも拍手 「タケにボールをあずけておけば」との信頼を生む10分強――2020 BEST3<Number Web> photograph by Daisuke Nakashima

開幕2戦目もベンチスタートの久保は、84分から途中出場。にも関わらず、確かなインパクトを残した

text by

中西哲生+戸塚啓

中西哲生+戸塚啓Tetsuo Nakanishi + Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

Daisuke Nakashima

2020年、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト3を発表します。海外サッカー部門の第1位は、こちら!(初公開日 2020年9月21日)。

 10分強という限られた時間で、確かなインパクトを残した。

 現地時間9月19日に行なわれたラ・リーガ第2節のビジャレアル対エイバル戦で、久保は後半40分からピッチに立った。開幕戦に続いての途中出場で、ゴールやアシストは記録できなかったものの、そのプレーは好印象を与えるものだった。“TAKE”は一歩ずつ前進している。

 背番号16を着けた19歳のパフォーマンスを、開幕戦(https://number.bunshun.jp/articles/-/845051)に続いて中西哲生氏に分析してもらおう。

 ◆◆◆

後半40分の最終盤から途中出場となった久保

 エイバル戦の久保に課せられたテーマは、「大胆さと繊細さの両立」でした。

 2対1でリードする最終盤に途中出場した選手は、チームが逃げ切るためのタスクを求められます。アタッカーならボールを保持して時間を作る、前線からのチェイスで守備陣を助ける、といったプレーが優先されます。

 そこで「ボールを失ってはいけない」といった気持ちが先行すると、プレーが慎重になり過ぎることがあります。あるいは、「何かひとつでも見せ場を作らなければ」といったギラギラした思いが膨らみ過ぎると、無謀な仕掛けをしてボールを失うことにつながったりもします。

 エイバル戦の久保は、とてもフラットなメンタリティでピッチに立ちました。ウナイ・エメリ監督から交代出場を告げられるまでには、「今日はもう出番がないのかな」とか「もう少し早く出たいな」といった気持ちがよぎったかもしれませんが、交代選手としてのタスクがきちんと整理されていました。

ファーストプレーから迷わず大胆に仕掛ける

 ファーストプレーは右サイドからの突破でした。

 右サイドバックのマリオ・ガスパルから浮き球のパスを受ける直前に、久保は自陣へステップしてDFをつり出し、その直後に裏へ飛び出しています。しっかりとした予備動作からパスを引き出すと、相手に身体をぶつけてボールをブロックし、一瞬減速したのちに加速してタテへ抜け出しました。

 右サイドからの突破は、マジョルカでも何度も見せてきました。1対1の局面を制するのは驚きでないものの、逃げ切るためにはボールロストを避けたい場面です。成功すれば周囲を納得させることができる一方で、失敗したらプレーの判断が良くないと言われかねない。さらに言えば、どんな選手でも慎重になりがちなファーストプレーで、迷わず大胆に仕掛けたのです。

【次ページ】 チームメイトの信頼を深めた「ラストパス」

1 2 3 NEXT
久保建英
ビジャレアル

海外サッカーの前後の記事

ページトップ