Sports Graphic NumberBACK NUMBER

申ジエ&タチアナ・カルデロン。異なる競技のトップ女性アスリートが引き起こした意外な「化学反応」とは。

posted2021/01/12 11:00

 
申ジエ&タチアナ・カルデロン。異なる競技のトップ女性アスリートが引き起こした意外な「化学反応」とは。<Number Web> photograph by Nobuyuki Okisada

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Nobuyuki Okisada

「世界ランク1位」の実績を持ち、母国・韓国では3度の賞金女王とKLPGAの殿堂入りを果たしていて、JLPGAにおいても圧倒的な強さと存在感を見せるプロゴルファーの申ジエ。

「私のヒーローだった」という、F1でも活躍したファン・パブロ・モントーヤと同じ南米・コロンビア出身で、2020年は女性として初めてスーパーフォーミュラに参戦し、出場した全レースで完走を果たしたレーシングドライバーのタチアナ・カルデロン。

 そんな彼女たちをサポートするのは、ケミカル商品を開発製造する株式会社スリーボンドだ。世界中のスポーツ界を大きな困難が襲った2020年の暮れ、彼女たちの初対面が実現。自身のキャリアのこと、ステイホーム期間中のこと、そして“コロナ後”のこと……。都内スリーボンド本社で行われた彼女たちへのインタビューでの肉声は、すでに2021年以降を見据えたものだった。

――2020年のおふたりは日本を舞台に活躍されました。カルデロンさんはスーパーフォーミュラのドライバーとして、申ジエさんはJLPGAツアーでプレーされています。今日は意外にも初対面ということで、ご自身のこれまでのキャリアで最高の瞬間を教えてください。

カルデロン 2018年の10月に、テストドライバーとして、子どものころから夢見ていたF1マシンに乗って、メキシコのサーキットで走ることが出来たのは、夢がかなった瞬間でしたね。

――ラテンアメリカ出身の女性としては、初めてのF1ドライバーだったんですよね。

カルデロン そうなんです。そして2020年は、スーパーフォーミュラで初めての女性ドライバーとして参戦することが出来ました。

申ジエ タチアナさんは、女性ドライバーの開拓者なんですね。

カルデロン ありがとうございます!

――申ジエさんにとって、最高の瞬間はいつのことでしょう。

申ジエ プロゴルファーになって、たくさんの経験をしてきましたので、ひとつ選ぶとなると難しいですが……私は“いま”だと思っています。いまが充実していれば、未来につながっていきますから。

――とはいっても、申ジエさんは2008年と2012年の全英女子オープンで、メジャートーナメントで2度も優勝しています。

申ジエ そうでしたね。あの優勝の瞬間は素晴らしかったです。2008年はスコットランド、2012年はイングランドのコースで勝てたというのも本当にいい思い出です。歴史ある大会のトロフィーに、自分の名が刻まれたのは光栄でした。たいへん名誉なことだと思っています。

――2020年は世界中で新型コロナウイルスの感染が拡大し、ステイホームを余儀なくされました。アスリートにとっては、大きな影響が出たのではないでしょうか。

カルデロン 私はスペインのマドリッドに住んでいるのですが、3カ月間、自粛生活を強いられました。その間はスポーツジムに通うことも出来ませんでしたし、家の中でトレーニングしなければなりませんでした。

【次ページ】 コミュニケーションで気をつけていることは?

1 2 3 NEXT

ページトップ