ゴルフPRESSBACK NUMBER

横峯さくら独占インタビュー 妊娠発表も「引退はない」“ママ計画”と勝利への欲望――2020 BEST5

posted2021/01/01 11:00

 
横峯さくら独占インタビュー 妊娠発表も「引退はない」“ママ計画”と勝利への欲望――2020 BEST5<Number Web> photograph by Ken Ishii/Getty Images

9月8日、妊娠を発表した横峯さくら。復帰後の目標を明確に語る表情には、充実した様子が漂っていた

text by

南しずか

南しずかShizuka Minami

PROFILE

photograph by

Ken Ishii/Getty Images

2020年、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。インタビュー部門の第3位は、こちら!(初公開日 2020年9月25日、肩書きなど全て当時)。

 9月8日、プロゴルファー横峯さくらは所属事務所を通じて、第一子の妊娠を発表した。現在は妊娠5カ月の安定期に入り、医師の判断のもとでプレーしているという。

 その発表から数日後、横峯はオンラインによるインタビューに応じてくれた。

 ふんわりとしたグレーのブラウスに身を包み、「今日は宜しくお願いします」と礼儀正しく頭を下げた。その姿は、1月の米ツアー第2戦でお目にかかった時と変わらないように見える。

「いや、ちょっと前に測った時、4kgぐらい増えていました」

 そう言って微笑む姿に、母親になる嬉しさが滲み出ていた。

飛距離は落ちた、でも体調は問題ない

 現在は無理のない範囲でゴルフに取り組んでいるという。

「妊娠前は朝から晩まで200~300球を打って、18ホールをプレーし、トレーニングもしていました。今は、お昼ぐらいからハーフ(9ホール)を回って、日によって練習場で打ったり、打たなかったりという感じです」

 出産を経験した全ての女子プロゴルファーは「お腹が大きい時は、ドライバーが飛ばなかった」と口を揃えて言う。それに横峯も同意する。

「それこそ2日前ぐらいにゴルフをしたら、飛距離がすっごい落ちていました。15~20ヤードぐらい。ミート率がすごい低くなって、(インパクトの)タイミングが難しいなって」

 たとえゴルフに支障があっても、体調に問題はない。2カ月ほど前に食べつわりの症状があったものの、今は落ち着いた。

「(その期間に)吐くってことは一回もなかったのですが、1日中ずっと何か食べたいみたいな。毎晩、お菓子をつまみたくなったんですけど、体重が増えるペースが早かったことと、カロリーなどを考えて、お菓子の代わりに桃やミカンなどフルーツを食べていました」

 今季は米女子ツアーの産休制度を利用し、出産後の2021年後半を目処に競技復帰を目指す。

【次ページ】 「引退はないです」と即答

1 2 3 4 NEXT
横峯さくら
ソフィア・ポポフ

女子ゴルフの前後の記事

ページトップ