酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

「FA、人的補償で一番損してるの西武説」は本当か 12球団の流出選手を調べると…――2020 BEST5

posted2020/12/29 06:00

 
「FA、人的補償で一番損してるの西武説」は本当か 12球団の流出選手を調べると…――2020 BEST5<Number Web> photograph by Nanae Suzuki/Kiichi Matsumoto

牧田和久、浅村栄斗、中島宏之、涌井秀章……やはり他球団の主力に“元レオ戦士”は多い

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki/Kiichi Matsumoto

2020年、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。プロ野球部門の第5位は、こちら!(初公開日 2020年10月8日)。

 先日、オリックスと楽天の試合を見ていたら牧田和久が出てきて見事なセットアッパーぶりを見せた。この試合では浅村栄斗も打点を稼いだ。

「そういえばこないだ、涌井の快投も見たな」

 はたと思ったのは、これらの選手は数年前まで西武のユニフォームを着ていたということだ。

 MLBに比べれば選手の流動性が低いといわれるNPBだが、それでも多くの選手が移籍している。ファンにしてみれば折に触れて「あの選手がいれば」と思うこともあるだろう。

 そこで12球団の「流出した、2020年時点での現役選手たち」をリストアップしてみた。なお、最初に所属した球団に限定しており、出戻り選手は含まない。選手には「FA移籍=FA」「人的補償=人的」「海外FA=海F」「ポスティング移籍=PO」「育成」の但し書きをつけている。

 但し書きがない選手はトレード、または譲渡、退団後の移籍だ。流出選手の多い球団順に並べてみた。

巨人が一番多いのはFA以外にトレードも

<巨人 18人>
・投手
村田透(米マイナー→インディアンス→日)、一岡竜司(広/人的)、久保裕也(De→楽)、公文克彦(日)、平良拳太郎(De/人的)、内海哲也(西/人的)、池田駿(楽)、高田萌生(楽)、澤村拓一(ロ)
・捕手
宇佐見真吾(日)、田中貴也(楽)
・内野手
ロペス(De)、中井大介(De)、奥村展征(ヤ/人的)、ビヤヌエバ(日)
・外野手
大田泰示(日)、長野久義(広/人的)、和田恋(楽)

 最も流出した選手が多いのは巨人だ。三軍まであり選手数が多いこともあるが、原監督が再任になってからは積極的に選手をトレードに出している。

 またFA移籍がなくて人的補償が多いのも特徴だ。

 それだけに若手か成績的に全盛期から落ち始めているベテランが多く、働き盛りの主力級の移籍は2014年オフのホセ・ロペスくらいだ。移籍後に花開いた無名選手も散見される。

【次ページ】 巨人に次ぐ流出数の球団は……

1 2 3 4 5 6 NEXT
埼玉西武ライオンズ
浅村栄斗
涌井秀章
ダルビッシュ有
大谷翔平
北海道日本ハムファイターズ
読売ジャイアンツ
東北楽天ゴールデンイーグルス
大和
嶋基宏
岩隈久志
内川聖一

プロ野球の前後の記事

ページトップ