濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

無観客試合は“純度100%”の強さ!那須川天心、90秒KOの衝撃を解析。――2020 BEST5

posted2020/12/27 17:04

 
無観客試合は“純度100%”の強さ!那須川天心、90秒KOの衝撃を解析。――2020 BEST5<Number Web> photograph by (C)RISE

デビュー記念日に1ラウンドKO勝利を収めた那須川天心。これで公式戦40勝無敗となる。

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph by

(C)RISE

2020年、NumberWebで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。ボクシング・格闘技部門の第2位は、こちら!(初公開日 2020年7月13日)

 那須川天心の2020年初ファイトは、90秒で終わった。

 7月12日の『RISEonABEMA』無観客大会。メインイベントに登場した那須川は昨年大晦日以来の試合に臨み、公募から選ばれたシュートボクシングの日本フェザー級1位、笠原友希を1ラウンド1分30秒で下している。

 公式記録は3ノックダウン。ラウンドの半分の時間で3度倒したわけだ。

「気がついたら倒れてました」と笠原は言う。「同じリングに立てたことが嬉しかったです。これが那須川天心なのか、と思いました」とも。圧倒されるしかなかった、というところなのだろう。彼は21歳の那須川よりも年下、まだ19歳である。応募者の中では最も実力があったはずだが、それでも那須川天心は次元が違った。

「差をしっかり見せようと思ってました。違う世界を見せてやろうと」

 勝利者インタビューでの那須川の言葉だ。こともなげにそう言って、誰もが納得できてしまう勝ちっぷりだった。

 この無観客試合は、那須川が試合後に言ったように「格闘技が帰ってきました」と世間に伝えるためのものだった。格闘技業界に向けての“そろそろ動き出そう、また面白いことをやってやろう”というアピールでもあった。自分が動くこと自体にメッセージ性があることを、那須川はよく理解していた。

“自粛明け”でも成長していた天心。

 緊急事態宣言下では、ジムでの十分なトレーニングはできなかった。しかし那須川は、それをまったく言い訳にしなかった。曰く「毎日、何ができるか考えました」。

 ベースは少年時代からの父との練習だ。創意工夫で強くなった実感があるから、練習が制限されても、その状況での最善を尽くすだけ。その思考そのものにも那須川の非凡さがある。

 実際、彼は“自粛明け”である今回の試合で、調子を崩さなかったというだけでなく明らかに成長していた。本人も「課題が克服できたと思います。幅広い勝ち方だったり」とコメントしている。

【次ページ】 「また必殺技が増えちゃった」

1 2 3 NEXT
那須川天心
笠原友希
RISE
ABEMA

格闘技の前後の記事

ページトップ