Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<ライバルを追い続けて>
今宮健太「雄星に負けて、僕は変わった」

posted2020/08/10 08:30

 
<ライバルを追い続けて>今宮健太「雄星に負けて、僕は変わった」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

花巻東に完敗し、花巻東に勝つことを目指した明豊の主砲、今宮健太。やり切った末の敗戦には笑顔を見せた。

text by

田尻耕太郎

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

二刀流で注目を集めた“怪童”の前に立ちはだかったのは、のちにメジャーリーガーとなる花巻東の背番号1だった。小柄な体躯から剛速球を投じ、聖地を沸かせた名遊撃手が追い続けたライバルとの2度の邂逅を振り返った。

2009年8月21日 準々決勝
明豊 6-7 花巻東
序盤に4点を奪われた明豊は徐々に追い上げ8回に逆転。2点差で9回を迎えたが花巻東の連打で同点とされ、10回に勝ち越しを許した。

 ゴールデングラブ賞5度を誇る名遊撃手で、今年7月3日にはプロ野球史上初めて20代でプロ通算300犠打を達成した今宮健太。しかし、明豊高校(大分)時代は高校通算62本塁打を放ち、マウンドに上がれば剛速球を投げ込む二刀流選手として名を轟かせた。

 当時の九州高校球界は粒ぞろいだったが、チームとして敗れることはあっても個の対決で脅威を感じることはなかった。

「こいつは違うな」と今宮を唯一警戒させたのが清峰高校(長崎)の今村猛(現・広島)。同じ長崎には大瀬良大地(長崎日大高校、現・広島)もいたが、まだ恐れる存在ではなかった。1学年上には沖縄尚学高校でセンバツ優勝投手になった東浜巨(現・ソフトバンク)もいたが、九州大会で対戦して投げ勝ったことがある。

 入学してすぐにレギュラーとなった今宮は2年生時に続き、3年生でも春のセンバツ甲子園出場を果たした。

「明豊には良いメンバーが集まっていた。頂点を目指す。それだけでした」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1630文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

今宮健太
明豊高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ