Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

絶対的自信の作り方
<笑わない男のルーツ発見>
稲垣啓太「僕の心が折れない理由」

posted2020/07/22 07:30

 
絶対的自信の作り方<笑わない男のルーツ発見>稲垣啓太「僕の心が折れない理由」<Number Web> photograph by Atsushi Kondo

稲垣啓太。その強靭なメンタルの裏には松井秀喜の姿と数々の修羅場がある。

text by

近藤篤

近藤篤Atsushi Kondo

PROFILE

photograph by

Atsushi Kondo

激しい肉体的衝突を繰り返すラガーマンには、その痛みから逃げない内面的な強さが求められる。では、日本ラグビー界で最も強靭なメンタルの持ち主は、いったい誰なのか――この男しかいないだろう。彼の精神構造を探ると、“笑わない理由”が垣間見えた。

 約束の時間より少し前に、白いTシャツで頑強な上半身を包んだ男が待ち合わせの場所に到着する。

 取材するのは昨年のラグビーW杯準々決勝、南アフリカ戦の翌々日以来である。

 世間ではすっかり有名になってしまったけれど、W杯前も後も、基本的に彼は変わっていない。見た目は怖いが人当たりは柔らかく、丁寧に語り、でも殊更に話を相手に合わせることもない。

 元気ですか? と僕は聞く。

 今までで1番体は仕上がってますよ、と彼は答える。

 稲垣啓太のメンタル。

 興味はあるけれど、果たしてこの世にこの男のハートを挫くものなんてあるんだろうか? きっとないんだろうな、と僕は思う。逆にもし、彼が怖れるものがあるのなら、その災厄はきっとこの惑星を滅ぼすに違いない。

 それとも、ああ見えて、意外と脆い部分があったりするんだろうか。試合に負けた日の夜は、1人ベッドで泣いてたりとか?

 まあいいや、とりあえず聞いてみることにしよう。

 稲垣さん、心が折れたことありますか?

「ないですね」

 即答だった。やっぱりそうだよな。

 でもここで納得してしまったらインタビューにならないので、しつこく聞く。

 折れはしなかったけれど、ものすごくメンタル的にキツかった、そんなエピソードってありますか? ジャパンの練習がハードすぎて、とか。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4935文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

メンタル・バイブル2020

Sports Graphic Number 1007

メンタル・バイブル2020

 

稲垣啓太
松井秀喜

ラグビーの前後の記事

ページトップ