話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

本田、柿谷を支え、青森山田も支援。
バランススタイルとサッカーの関係。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byBALANCE STYLE INC

posted2020/07/01 08:00

本田、柿谷を支え、青森山田も支援。バランススタイルとサッカーの関係。<Number Web> photograph by BALANCE STYLE INC

現代表の高畠侑加さんと、創業者の太志さん。サッカー界での存在感も大きくなってきた。

昔から経営者になりたかった。

 2019年には、それまで共同代表だったが、侑加さんが代表取締役に就任した。太志さんは、侑加さんの覚悟を聞いて、取締役に退いた。

「僕は、ワクワク・ドキドキ・楽しい事を企画して、周りの人の喜んでいる顔を見る事にやりがいを感じます。でも、侑加は結果にこだわり、コミットする。やると決めたらとことんやり切る。フワフワしたところがなく、常にゴールを狙うイブラヒモビッチなんですよ(笑)。

 それにもともと彼女が、オンラインストアという1を作ってくれたことで今の事業ができました。この会社をもっと大きくしたい、社長として頑張りたいという強い思いを聞いたので、侑加に任せることにしました」

 侑加さんは、最初からそういう気持ちがあったという。

「昔から経営者になりたいと思っていました。同世代であり、幼なじみである柿谷選手が日本代表として世界で活躍していく姿はとても刺激的でした。大阪人の気質なのか成功したいという気持ちが強いんです(笑)。その気持ちは高校生活を過ごしたニューヨーク時代からありました。

 帰国して、オンラインストアを作ってユニフォームを販売した時、ビジネスの面白さと可能性を感じました。そこからビジネスに興味を持って、やるからには1番になりたいと思ってやってきました。その気持ちは、今も変わらず持ち続けています」

オランダ発の「BALR」との出会い。

 営業面でリードし、毎日のルーティンをこなしていく堅実派の侑加さんと企画や人脈を活かしてフットワーク軽く行動し、侑加さんを後方支援する太志さんは、互いを補完し合う強力なコンビになった。

 社名も2017年に「(株)バランスマネジメント」から「(株)バランススタイル」に変更。本格的にファッションで勝負するシステムが整うと大きなチャンスが訪れる。

「BALR.(ボーラー)」の展開だ。

 オランダ発のブランドだが、販売をスタートするまでに約3年の月日を要した。

 太志さんは、苦笑しながら回想する。

「ブランドの世界観とコンセプトがマッチしていたので、コンタクトしていましたが、先方からは連絡がありませんでした。それでもしつこくコンタクトをし続けたある日、突然、連絡がきたんです。オランダで彼らとコミュニケーションをとっているときに、『何回メールしたのか知っているか』と冗談で言ったら『えっ、何の話?』と言われて……。実は、彼らのメールは僕たちへの返答ではなく、ボーラー側からの新たなアプローチだったのです。つまり、相思相愛だったのですが、ちょっと時間がかかりましたね」

 侑加さんは、コンセプトとデザインの良さに可能性を感じたという。

「ボーラーは、元オランダ代表のサッカー選手3人が、サッカー選手のラグジュアリーなライフスタイルをコンセプトに立ち上げたブランドです。そのコンセプトは私たちと同じですし、サッカー好きなお客さんが絶対に共感すると思いました」

【次ページ】 青森山田をサポート、今後は大学も。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
本田圭佑
柿谷曜一朗
青森山田高校

海外サッカーの前後の記事

ページトップ