話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

本田、柿谷を支え、青森山田も支援。
バランススタイルとサッカーの関係。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byBALANCE STYLE INC

posted2020/07/01 08:00

本田、柿谷を支え、青森山田も支援。バランススタイルとサッカーの関係。<Number Web> photograph by BALANCE STYLE INC

現代表の高畠侑加さんと、創業者の太志さん。サッカー界での存在感も大きくなってきた。

洋服が最後だった理由。

 時計、バッグ、スニーカーときて、なぜアパレルに手を出さなかったのだろうか。

「オンラインストアの特性上、取扱いアイテムを時計やバッグなどのサイズがない商品に絞っていました」

 しかし、それぞれの商品の人気が出てくるにつれ、顧客から「洋服はやらないのですか」という声が大きくなっていった。

 その声に応えるように侑加さんは、インターネットやSNSを通じてサッカー選手の愛用しているアイテムというコンセプトを軸に「洋服」を探し始めた。

「サッカーが好きな人のファッションってあるんです。例えば、ジャストサイズのデニムに鍛え上げられた肉体が綺麗に見えるシルエットのTシャツなど。クリスティーノ・ロナウド選手のよく着ているスタイルです」

 侑加さんは兄がセレッソ大阪の下部組織で柿谷とプレーしていたことや、芸能人のフットサルチームでキャプテンを務めるなどサッカーに縁があったので、サッカー選手のファッションの傾向を把握していた。最初にインスタグラムで見つけたのは、スカルを花でデザインしたTシャツ(フォワードミラノ)だった。つづいて、イタリアのサングラスのおじさんのTシャツ(スぺンド)を見つけて販売した。これらは人気を博し、今もバランススタイルの定番アイテムになっている。

「選手が着て格好いいモノ」

 2014年、実店舗を千駄ヶ谷にオープンした。

 侑加さんは、当時を振り勝ってこう語る。

「初めての店舗は8坪の小さいお店でした。お客さんが3、4人程でいっぱいになる狭さで、フィッティングルームもありませんでした。でも、実店舗をオープンしたことにより、お客さんとの接点が増えました。その中でも一番の驚きは、『ディズニーランドとバランススタイルに行くために東京に来ました』と北海道や九州から訪れてくれた方がいたことです。こうしたお客さんの声が、もっといい店にしてもっと喜んでいただきたいという私達の動機になりました。

 翌2015年には、アイテムも海外からの仕入れに加え、国内のアパレル商社からブランドを仕入れ、本格的にアパレルをスタートさせた。オンラインストアもリニューアルし、メディア化して情報発信に力を入れた。アイテムは侑加さんが「選手が着ていて格好いいモノ」という狙いから尖ったアイテムを揃え、オンラインと実店舗にてサッカーのあるライフスタイルを表現した

【次ページ】 昔から経営者になりたかった。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
本田圭佑
柿谷曜一朗
青森山田高校

海外サッカーの前後の記事

ページトップ