Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<初代王者の真相>
武田修宏/北澤豪/松木安太郎「最強はオレたちで決まり!」
1993 ヴェルディ川崎

posted2020/06/11 18:00

 
<初代王者の真相>武田修宏/北澤豪/松木安太郎「最強はオレたちで決まり!」1993 ヴェルディ川崎<Number Web> photograph by Kazuaki Nishiyama

text by

加部究

加部究Kiwamu Kabe

PROFILE

photograph by

Kazuaki Nishiyama

草創期のリーグで圧倒的な人気を誇ったスター軍団。歴史に名を刻んだ初年度優勝、そして連覇の裏には、激しいぶつかり合いの末に生まれた革新と転換があった。(Number1004号掲載)

選手投票 第5位

 よみうりランドに隣接する天然芝には、早くからプロの摂理が根づいていた。

 高校屈指のストライカーだった武田修宏は、Jリーグ開幕の7年前に読売クラブ(現東京ヴェルディ)に入団した。

「高卒で一緒に入った3人の仲間が翌年にはクビになる。練習はいつもピリピリしていて殴り合いに近い喧嘩もある。試合では勝てば10万円、引き分けが5万円で負ければゼロ。19歳には衝撃的でした」

 武田はJSL(日本サッカーリーグ)1年目で11ゴールを挙げ、新人王と年間最優秀選手に輝くが、その後も張り詰めた心が緩むことはなかった。

「カズ(三浦知良)さんという絶対的な存在が来たのでFWは残り1枠。いつも外国人選手とのポジション争いで必死でした。それにチームにはラモス(瑠偉)さんというピッチ内外を掌握する“監督”がいた。試合に負けたのにテレビに出演すると、調子に乗ってるんじゃねえぞ! と後から叱られました」

 また読売ジュニアユースの一員として中学生時代を過ごした北澤豪は、本田技研でJSLの得点王を獲得し、1991年に日本代表選手として“復帰”して来た。

「でも誰もパスをくれない。逆にボールを持つとサブ組の選手が必死に奪いに来る。誰もオレに良いプレーをさせようなんて思っていませんでした(笑)」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3309文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

現役Jリーガー100人が選んだ史上最強チームを語れ。
ヴェルディ川崎
武田修宏
北澤豪
松木安太郎

Jリーグの前後の記事

ページトップ