Sports Graphic NumberBACK NUMBER

待ちに待ったプロ野球開幕!
いま伝えたい“おうち観戦”のススメ&今年の注目選手

posted2020/06/15 11:00

 
待ちに待ったプロ野球開幕! いま伝えたい“おうち観戦”のススメ&今年の注目選手<Number Web> photograph by AFLO

開幕前の練習試合も無観客での実施。いまこそリモート観戦でプロ野球を楽しもう。

text by

石塚隆

石塚隆Takashi Ishizuka

PROFILE

photograph by

AFLO

 いよいよ6月19日にプロ野球シーズンが開幕する。

 今季は新型コロナウィルスの影響もあり開幕が3カ月ほど遅れただけに、プロ野球ファンはゲーム観戦をまだかまだかと待ちわびていたにちがいない。

 しかしご存知のように感染拡大防止と安全面の配慮から、当面の間は無観客による試合開催となる。実際にスタジアムへ足を運んでのゲーム観戦はプロ野球を楽しむ醍醐味のひとつではあるが、いまは我慢の時――。

 だからこそ、いまは自宅での観戦術を充実させたい。

 近年はJ:COMなどのケーブルテレビをはじめ衛星放送やオンライン中継でプロ野球観戦を楽しむことができ、また同時に他の試合を見られるなどコンテンツも充実している。これからの梅雨の季節、天候に左右されることなく好きな食事や飲み物を用意し、家族とゆっくり“おうち観戦”するのもいいだろう。

多種多様なカメラワークを楽しんで。

 現地に行かない“おうち観戦”によるメリットは枚挙に暇がない。

 まずは多種多様なカメラワークの面白さである。

 現地観戦におけるスタジアムの雰囲気や観客席の盛り上がりは素晴らしいものではあるが、どうしても座席からの定点観測となってしまい、場所にもよるがピッチャーとバッターの微妙な駆け引きや配球などがわかりづらいことが多い。

 それが画面の中ならば、センター方向からの映像を中心に、スタジアム全方位から細部を見逃すことなく熱いプレーが観戦できる。画面上に掲示されるピッチャーの球速をはじめ、変化球の軌道、バッターの巧みなスイングなどプロならではの技術力の高い攻防は、プレーの奥深さや多くの情報をもたらしてくれる。

【次ページ】 アナウンサーや解説者の知識も魅力。

1 2 3 NEXT

ページトップ