Number ExBACK NUMBER

いい顔に迫る資生堂クロストーク「ONE ON ONE」
村岡桃佳(パラ陸上短距離/パラアルペンスキー選手) × 吉岡里帆(女優) 

text by

資生堂

資生堂SHISEIDO

PROFILE

photograph bySHISEIDO

posted2020/04/10 11:00

いい顔に迫る資生堂クロストーク「ONE ON ONE」村岡桃佳(パラ陸上短距離/パラアルペンスキー選手) × 吉岡里帆(女優)<Number Web> photograph by SHISEIDO

何よりスポーツがすごく好き

吉岡 日本記録を出した時、きっと最高の気分だったと思うのですが、これまでの競技生活を通じて、いちばん気持ちいいと思えたのはどんな瞬間ですか?

村岡 スキーならやっぱり国際大会で優勝した瞬間です。ゴールして、1位だったことを確認した瞬間は、この上なく幸せな気分を味わいました。陸上は何だろう? 練習が終わる最後の1本を走り終えた時に、「ああ、終わった」という解放感を感じます。昨年、10キロのロードレースに出場して、それが激しいアップダウンのコースだったんですね。スタートから3、4キロほどずっと上りで、一瞬下ったと思ったらまた上りっていう。

村岡 そのレースを走り終わった後にも「終わったー!」という感覚になりました。日々、達成感がありますね。

吉岡 お話をうかがっていると、陸上の体力的なキツさには相当のものがあるのだと感じますが、それでも陸上に力をすべて注ぎ込める理由を教えてください。

村岡 まずスキーで結果を出すに従って、応援してくれる方が少しずつ増えていったんですね。そういった方々が、私が陸上をやると決めた後、さらに陸上においても応援してくれた。応援してくれる方が増えて、今は味方がたくさんいるみたいな感じがしています。最初は私と父の2人だけではじめたのに、どんどん人が増えていって、みんなが応援してくれるのはすごくうれしいことだなって。応援してもらうぶん、私もがんばらなきゃいけないし、がんばりたいと思います。何より今、陸上をやっていて楽しいんですよね。あんなにキツい練習をなぜ続けられるかと言えば、陸上がすごく好きで、スポーツがすごく好きだから。やはりそこが原点なのかなと改めて思います。

吉岡 素敵な言葉をうかがえてうれしいです。ありがとうございました!

BACK 1 2 3

ページトップ