Number ExBACK NUMBER

いい顔に迫る資生堂クロストーク「ONE ON ONE」
村岡桃佳(パラ陸上短距離/パラアルペンスキー選手) × 吉岡里帆(女優) 

text by

資生堂

資生堂SHISEIDO

PROFILE

photograph bySHISEIDO

posted2020/04/10 11:00

いい顔に迫る資生堂クロストーク「ONE ON ONE」村岡桃佳(パラ陸上短距離/パラアルペンスキー選手) × 吉岡里帆(女優)<Number Web> photograph by SHISEIDO

自分で決めたらやり通す

吉岡 陸上への挑戦をスタートされた後、すぐに日本記録を樹立されましたよね。その驚異的な強さはどこから来るんでしょうか?

村岡 何でしょうね? 自分でやると決めたことは、やり通さないと気が済まないところはあると思います。それもたぶん負けず嫌いだからなんですけど。いろんな方にアドバイスをもらったり、選択肢を示してもらったりして、それを自分で選択したからには、最後までやり通したいんです。あとは環境に恵まれていることも大きな要因かなと。

吉岡 スキーなどを通じて鍛えてきた体力的な要因は大きいですか?

村岡 体力面に関しては、陸上競技をするにはまだまだ足りないよって今も言われています。

吉岡 そうなんですね。

村岡 自分でもよくわからないんですよね。たとえば、女子100メートル車椅子(T54クラス)で日本記録を出した時は、雨が降っていて、気温も低かったですし、コンディションがあまりよくなかったんです。雨が降ると、車椅子の漕ぐ部分が濡れて滑ってしまうので、記録を出すにはあまりいい条件ではなくて。

吉岡 ああ、なるほど。

村岡 ところがその日は、ちょっとアスリートっぽくカッコよく言うと、ゾーンに入ったみたいな状況になって、全然緊張しなかったんですね。緊張してないのに、気分はすごく高揚して、体もよく動いて。だからあの時は、スキーでもあまり経験したことのないような感覚にスッと入っていって、記録を樹立することができました。

吉岡 本当に特別な瞬間だったんですね。

村岡 自分でもびっくりしました。まさかあのタイミングで記録が出せるとは思ってなかったので、今度は逆に自分自身に対してプレッシャーがかかってしまうなと思って。

吉岡 そういうものかもしれませんね。何かが成功して、よかったと言われると、それがプレッシャーになる。それで緊張するっていう気持ちはよくわかります。

【次ページ】 何よりスポーツがすごく好き

BACK 1 2 3 NEXT

ページトップ