Sports Graphic Number WebBACK NUMBER

百田夏菜子(ももクロ)×鈴木亜由子(マラソン)
「アイドルとアスリートに通じるもの」 

text by

別府響(文藝春秋)

別府響(文藝春秋)Hibiki Beppu

PROFILE

photograph byHirofumi Kamaya

posted2020/03/10 20:00

百田夏菜子(ももクロ)×鈴木亜由子(マラソン)「アイドルとアスリートに通じるもの」<Number Web> photograph by Hirofumi Kamaya

応援してくれる人の存在。

 大舞台への心構えは、アイドルとスポーツという2つのフィールドを結ぶ、大きな共通項なのだという。流した汗と涙が証明するその努力は、本人たちに「自信」として跳ね返ってくるものなのだろう。

 そしてもうひとつ、2人が口にした大きな共通点こそが、ファンの存在だ。1人ではたどり着くことのできない場所にも、その後押しを受けることで歩を進めることができる。彼女たちにとって、ファンとはどんな力をもつのだろうか?

百田 わたしたちにとってファンの方は「同志」。一緒にライブを作ってくれる存在だと思います。なくてはならないですし、ファンの皆さんがいなければ、舞台に立つ意味もない。だから時々、自分たちのライブではないフェスとかに出ると、ファンの人もちょっと緊張していたりします(笑)。「みんなでライブを盛り上げてやるぞ」という気持ちがお客さんから伝わってくるので「よし、一緒に頑張ろう」という気にさせてくれる。すごく心強い存在だなと思います。

鈴木 わたしはちょうど数日前に、地元の愛知・豊橋市で壮行会があったんです。応援してくれる方々の存在があって、いまの自分があるんだなというのを改めて実感しました。多分、スポーツの世界でのこれまでの快挙の裏にはサポーターの皆さんの応援があって、絶対、1人の力では成し遂げられなかったものばかりだと思います。一人ひとりでは限界がありますし、みんなで目標を共有して、進んでいくからこそ苦しいところで頑張れるんじゃないかなと思います。

百田 スポーツファンの目線で見ると、アスリートは誰よりも自分のことを理解して、日々自分を追い込んで、置かれた状況でできる精いっぱいのパフォーマンスをするじゃないですか。なので外から見ていると、「アスリート本人が、自分で納得できるパフォーマンスが出せますように」というのがファンの一番の願いのような気がします。

鈴木 みんな優しいんですよね(笑)。そう言ってもらえるからこそ、自分らしい走りをすることが一番大事だと思っています。応援をプレッシャーや重りとして感じるのではなく、自分ができることをしっかりとやって、その結果、私を見てくださる方も喜んでくれたら一番いいのかなと思っています。

百田「やってきたことを100%出すのが大事」というのはわたしたちも一緒。でも、アイドルの場合は「勝ち負け」という概念がないので、そこがアスリートとの違いなのかなと思います。もちろん自分の中で納得ができて、自分も楽しめるのが一番なんですけど、自分が納得できても、必ずしもお客さんに届いているとは限らないんですよね。逆に自分が納得できていなくても、ものすごくファンに届いているときもある。そこが必ずしもイコールではないところが難しい。でも、結局は自分が楽しんだ時の方が、お客さんにも伝わると思うので「自分がやってきたことを精いっぱい、ステージでお客さんに届けられるように」とは思っています。

鈴木 走っている時に苦しい場面で何が力になるかというと、やっぱり応援なんですよね。初マラソンの時に「応援ってこんなに力になるんだ」って本当に実感したんで。そういう部分ではももクロもすごくファンを大事にしているし、大きな共通点なのかなと思います。

【次ページ】 東京五輪のレース前に何を聴く?

BACK 1 2 3 4 NEXT

ページトップ