Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<証言ドキュメント>
東福岡×帝京「雪の決勝、伝説の真実」

posted2020/01/23 15:00

 
<証言ドキュメント>東福岡×帝京「雪の決勝、伝説の真実」<Number Web> photograph by Kazuaki Nishiyama

名門・帝京のキャプテンは中田浩二。抜群のゲームメイクで2トップの輝きを引き出した。

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph by

Kazuaki Nishiyama

22年前、白く染まった国立競技場での東福岡と帝京の頂上決戦は、高校サッカー史に残る屈指の名勝負として今もなお語り継がれる。三冠を懸けた“赤い彗星”と雪辱を期した“カナリア軍団”。人々の心に刻まれた「雪の決勝」を当事者たちの言葉で振り返る。(Number995号掲載)

 悔しくて、悔しくて、試合終了後の記憶がほとんどない。

 とにかく泣いた。嗚咽が止まらなかった。2時間、いや、それくらい長く感じただけで、実際のところは30分もすれば涙も乾き、呼吸を整え、平静を取り戻していたかもしれない。わからない。

 きっとそんなヤツが何人もいたに違いないロッカールームで、3年間ずっと厳しかった古沼貞雄先生は何を話したのだろう。記憶にない。覚えているのは、帰りのバスが渋滞に巻き込まれたことだけだ。何だよ。いつになったら着くんだよ。マジで。雪のせいでめちゃくちゃな一日だ――。

 あれから22年もの歳月が過ぎたなんて信じられないほど、時の流れは早い。

 すでに現役引退を発表していた木島良輔にとって、2019年12月14日はプロ選手として過ごす最後の一日だった。いつの間にか40歳という「ウソみたいな年齢」になったが、表情や態度から伝わってくるヤンチャでシャイなキャラクターは帝京の10番を背負ったあの日と変わらない。

「渋滞を抜けて、学校か寮に帰って……。俺の中にあるその次の記憶は、キャンプですからね(笑)。横浜マリノスの一員になって初めてのキャンプ。それからずっと、必死でプロの世界にしがみついてきただけだから、あの雪の決勝について振り返る機会なんてなかったんですよ。当時の仲間と酒を呑む機会があっても、バカな思い出話しかしないでしょ? もったいないよね。うん。いい機会だから、今日、ちゃんと振り返ります」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 5471文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<高校サッカー秘話>選手権を語ろう。
東福岡高校
帝京高校
千代反田充
木島良輔

高校サッカーの前後の記事

ページトップ