プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

不気味な鬼になった獣神が恐ろしい。
ライガーが脱ぎ捨てた仮面とスーツ。
【2019年下半期 プロレス部門1位】

posted2020/01/02 19:00

 
不気味な鬼になった獣神が恐ろしい。ライガーが脱ぎ捨てた仮面とスーツ。【2019年下半期 プロレス部門1位】<Number Web> photograph by Essei Hara

これまで見たことのない恐怖を見る者に刻みつける……ライガーの“鬼神”バージョン。

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph by

Essei Hara

2019年下半期、NumberWebで人気を集めたベスト記事セレクションを発表します。
プロレス部門の第1位はこちら!(初公開日:2019年9月26日)

 伏線はあった。だが、このタイミングか、と驚いたのも事実だ。獣神サンダー・ライガーが、そのマスクとスーツを脱ぎ捨てて、とんでもない鬼に変貌を遂げるとは思ってもみなかった。

 9月22日、神戸ワールド記念ホールの話題は試合中に「獣神」から「鬼神」に変身したライガーに集中した。

 メインイベントで、内藤哲也がジェイ・ホワイトに負けて、インターコンチネンタル王座から転落したことよりも、ホワイトが新日本のトリプル・クラウンを達成したことよりも「鬼神ライガー」の出現はインパクトある話題になった。

 神戸の会場に集ったファンと「新日本プロレスワールド」で生中継を見ていた人々の多くが度肝を抜かれたことだろう。それは初めて見るおどろおどろしいものに突然遭遇してしまった特異な体験を誰かに語らずにはいられない、というほど、人の心を大きく揺さぶる事件となった。

ライガーは鈴木のケンカを買うことにした。

 9月6日、後楽園ホールで鈴木みのるはテレビ放送席に解説で座っていたライガーを襲って、無理やりリング上に引きずり上げ、スリーパーホールドで締めてパイルドライバーでKOした。この一方的なアタックで始まった2人の抗争は激化していた。

 9月16日の鹿児島で、ライガーは鈴木にマスクを完全に剥ぎ取られて「体のいいブランド物の包装紙に包まれた小っちゃい男」あるいは「30年間、インチキの包装紙をつけて来たヤツ」とまでののしられた。

 プロレスラー人生のほとんどを否定されたような鈴木からのインチキ呼ばわりに、ライガーが黙っているわけがなかった。

 ライガーは売られたケンカを買うことにした。

【次ページ】 衰え知らずのライガーの負けん気。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

獣神サンダー・ライガー
鈴木みのる
ザ・グレート・ムタ
新日本プロレス

プロレスの前後のコラム

ページトップ