Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<悲願の全日本ジュニア優勝>
鍵山優真「五輪選手の父に導かれて」

posted2019/12/04 07:00

 
<悲願の全日本ジュニア優勝>鍵山優真「五輪選手の父に導かれて」<Number Web> photograph by Atsushi Hashimoto

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph by

Atsushi Hashimoto

非公認ながらジュニア世界最高点を記録した期待の新星・鍵山優真。急成長を遂げる彼の傍らには、五輪に2大会連続で出場した父・正和コーチがいた。試合後に明かした父からの教えと今後の目標とは――。(Number991号掲載)

 圧巻のノーミス演技で、積み重ねてきたものを一気に開花させた。11月15~17日に行なわれた全日本ジュニア選手権。SPでトリプルアクセルのミスがありながらも首位発進していた鍵山優真は、映画『タッカー』の音楽に合わせたフリーで、2本の4回転トウループを含む7本のジャンプすべてを成功させた。スケーティングの美しさも備えた完璧なパフォーマンスだった。

 リンクサイドでは'92年アルベールビル、'94年リレハンメル五輪の男子シングル日本代表である父・正和コーチが泣いていた。父子2人が並んだキス&クライで目にしたスコアはフリー171.09点、合計251.01点。非公認ながらいずれもジュニア世界最高点だ。ジュニア4年目にして悲願の国内初タイトルを手にした鍵山は、涙をぬぐう父の横で最高の笑顔を浮かべていた。

 歓喜の翌日、ホームリンクの横浜銀行アイスアリーナに鍵山を訪ねた。お気に入りのキャラクターだというスヌーピーの布製のトートバッグを手に、前夜は興奮して午前2時頃まで眠れなかったとはにかみながら、大会を丁寧な言葉で振り返った。

「フリーでは、SPを1位で通過して、その順位を守らなければいけないという、すごい緊張感がありました」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1701文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

鍵山優真

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ