Sports Graphic Number WebBACK NUMBER

ファイターズがキャリア人材を公募。
異色経歴社員が語る、BP構想への想い。 

text by

宮田文久

宮田文久Fumihisa Miyata

PROFILE

photograph byHOKKAIDO BALLPARK

posted2019/08/19 11:00

ファイターズがキャリア人材を公募。異色経歴社員が語る、BP構想への想い。<Number Web> photograph by HOKKAIDO BALLPARK

北の空の玄関である新千歳空港と札幌市の間に位置する北広島市に建設予定の新球場。プロジェクトは熱く静かに動き出している。

「北海道のシンボル」にしていきたい。

 ボールパークをめぐっては、バラエティ豊かな「体験」をデザインすべく、さまざまなアイデアが温められている。露店などが立ち並び、球場までの往復そのものが憩いへとつながるストリート。木々が取り囲む中で、一日中ゆったりと過ごせるマーケット。昨今人気となっている、高級宿泊施設並みの環境で、通常のキャンプのような手間なく自然を満喫できるグランピングなどが構想されている。

「球場単体、つまり点ではなく、スポーツと市民の生活が常に近くにあって、エリア一帯がコミュニティとして成長できる、そんな“面”としての街づくりを進めています。また、その過程で地域や社会が抱える様々な課題の解決契機を提供できるような場となることを目指しています。

 そして私たちは、このボールパークを『共同創造空間』だと考えています。球団独自にではなく、地域の方、事業のパートナーの方々に参画いただくことで、このボールパークは本当の意味で実現する。そうした空間として、『北海道のシンボル』にしていきたいのです」

2023年以降も見据えたプラン。

 議論を重ねながらカタチにして来たビジョンを現実のものとするべく、小川さんは球場を手掛ける建設会社(大林組)および設計事務所(米国HKS,Inc.)との折衝の窓口となっている。このように空間の中心となるハードをきちんと具現化しつつ、スタジアムの周囲のアクティビティを段階的に拡充していくために、開業となる2023年以降も見据えながら、段階的なプランを練っている最中だ。

「球場をビジョンに則した設計・施工とするために、大林組、HKS両社と、球団側の専門部署の間でのやりとりを統轄する役割を担っています。その一方で、球場の周囲の空間において、どのような事業パートナーの方に参加いただけるか協議を重ねながら中長期的なマスタープランを描いている段階です」

【次ページ】 海外の名物スタジアムで得た知見。

BACK 1 2 3 4 NEXT

ページトップ