Number ExBACK NUMBER

いい顔に迫る資生堂クロストーク「ONE ON ONE」
見延和靖(フェンシング選手) × 吉岡里帆(女優) 

text by

資生堂

資生堂SHISEIDO

PROFILE

photograph bySHISEIDO

posted2019/08/10 11:00

いい顔に迫る資生堂クロストーク「ONE ON ONE」見延和靖(フェンシング選手) × 吉岡里帆(女優)<Number Web> photograph by SHISEIDO

あと10年はトップ選手で

吉岡 今後に向けて、自身のキャリアのこと、フェンシングの将来のこと、どういう目標をお持ちですか?

見延 僕が一番に考えているのは、フェンシングを普及させていきたいということです。もっといろんな人に知ってもらいたいし、体験してもらいたいと思っています。僕がやっているエペはほかの種目より選手寿命が長くて、僕の年齢でもまだ中堅くらいなんですね。だから自分に与えられた使命だと受け取めて、あと10年くらいはトップ選手として競技を続けながら、その姿を観ていただくことでフェンシングの普及につなげていきたいです。

吉岡 観客のみなさんにはどういうプレーを見せたいですか?

見延 正々堂々としたプレーを観ていただきたいです。あとアジア人が得意としているフットワークの素早さですよね。僕個人で言えば、間合いやタイミングの取り方は自信がある部分なので、そういったところを観ていただきたいです。フェンシングを生でご覧になったことはありますか?

吉岡 まだないんです。だから間近で観るフェンシングはどうなんだろうって、すごく興味があります。

見延 会場で観ると、映像とはまた違う感覚があって、剣のぶつかる音だったりとか、けっこう迫力があるんですよ。

吉岡 めちゃめちゃ観てみたいです!

見延 ぜひ、ぜひ! 絶対に楽しいと思いますよ。

BACK 1 2 3

ページトップ