Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<Have a Dream 夢追い人の挑戦>
千賀滉大が信じた己の投手人生。

posted2019/07/25 11:00

 
<Have a Dream 夢追い人の挑戦>千賀滉大が信じた己の投手人生。<Number Web> photograph by Ryoji Hanjo

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

Ryoji Hanjo

夢に向かって努力を重ねるアスリートに迫る連載。
第8回は育成入団からのし上がった右腕が登場。

「僕ほど大したことなくて、この世界に入った人間はいないと思います」

 今、日本で注目されているピッチャーのひとりである千賀滉大は自嘲気味に笑った。

 あながち謙遜ではないようだ。三河湾に臨む愛知県蒲郡での少年時代、マウンドにはいつも他の誰かが立っていたという。

「小学校でも僕よりうまい人がいましたし、中学でも膝の成長痛でベンチに座っている時間の方が長かったので、1つ下の後輩がエースで投げていました。練習もやっていないやつがマウンドに上がれないですし、僕は野手の方が楽しかったんです」

大会でも背番号なしの時があった。

 ただ、たまに体の状態が良い時に投げると、そこにいる誰よりも凄い球がミットに吸い込まれたから、周りは千賀の才能を放っておかなかった。県立蒲郡高校ではそもそも野球をやるかどうかすら決めていなかったのに、監督から「お前、ピッチャーな」と告げられた。高校3年の春にはプロ数球団のスカウトが見にくるようになった。

 そんな周りの期待とは裏腹に、本人は己の能力に無自覚だった。相変わらず、内野や外野、ベンチから他の誰かが投げているのを見つめる時間の方が長かったからだ。

「体が貧弱すぎて投げたらすぐ肩が痛くなってしまった。それで投手をやりたくないという気持ちを出してしまって、その態度を怒られたりして……。僕、ほんとうに試合で全然投げていなかったですし、大会でも背番号なしの時もありました」

 ルーズショルダー。天性の肩関節の柔らかさや可動域の広さはキレのある球を生んだが、まだ体ができていない青年にとっては故障のリスクが高い、諸刃の剣だった。

 最後の夏は、愛知大会3回戦で終わった。

「レフトから点がポンポン入るのを見ていました。僕も途中から投げましたが、結局、取り返せずに負けました」

【次ページ】 野手への未練がなくなった瞬間。

1 2 NEXT

ページトップ